即日 キャッシング

大手消費者金融キャッシング審査の条件

お金を貸すことも冒険なら、借りることも冒険。

人生にとって、お金をまじめに考えるほど大切なことはないかもしれない。
待たせたな!お金のヒーローキャッシュビクトリーだ。

キャッシングにとって一番痛い失敗はなんだと思う?

それは、「無知」であることだ。

人生のたいがいの問題は多少の無知でもなんとかなるが、
キャッシングの無知は、その後に及ぼす深刻な状況は避けられない。

時に犯罪までおきてしまうお金について、もっと知る必要が私はあると思うのだ!
そこで今回はキャッシングには欠かせない「審査」についてご紹介させていただこう。

申込者の属性審査とは?

キャッシング 審査
君たちがお金を借りたいと思った場合、「審査」は避けてとおれない。

自分の知らないところで、勝手に審査されることは嫌かもしれないが、
貸して側からすれば、債権の回収は絶対なので、この審査は重要な位置を占めている。

この審査の判断基準になるのが「属性」になる。

信販会社やクレジット系列の会社に勤めてたことがある人は、ご存じだと思う。

ちょっと小難しい話かもしれないが、キャッシングにおいて重要な問題なので、しっかりついてきてくれよな。

お金をなんらかの形で貸す(ローンやキャッシング)金融会社は、君たちの信用情報をまず調べる。

これが「審査」にあたる意味だ。

ではその信用情報は何かというと、「属性」と「ローンや公共料金の支払いなどの履歴」の二つになる。

総量規制の問題などもあり、年収の3分の1以上をこえて融資はできない。
そのような問題に遭遇しないためにも、また、貸したお金をしっかり返して貰えるのか?という能力を調べるための信用調査なのだ。

そのなかで「属性」とは、簡単にいうと君たちに該当する情報のほとんどと言っても良い。

ようするに、限りなく個人的な情報、、、そう、個人情報だ。

年収・勤務先・年齢・家族構成などが「属性」に含まれている。かなり個人的な内容を把握されていることに驚くかもしれない。

キャッシングの「属性」はコンピューターに自動的にスコアリング(点数化)されて、判断基準にされる。

もちろん、君たちがどんな趣味をしていて、どんなお顔をしているかまでは誰もわからないから安心して欲しい。

もう少し細かく「属性」を紹介させていただこう。

属性には、雇用形態・勤続年数・居住年数・居住形態・電話番号・健康保険の種類などがある。

完全な個人情報じゃないか!と怒る人もいるかもしれないが、これは仕方のない部分でもある。

消費者金融や信販会社は、法律を破ると営業を即停止にされてしまう。
さきほど説明させていただいたが、総量規制も破れば、営業が出来なくなってしまう可能性もあるのだ。

また詐欺の目的でお金を借りようとする人も100%いないわけではないので、「属性」は適正に把握する必要がある。

「属性審査」とは、なにかしらお金を借りる行為で必ず、審査されることになる。
お金を借りる以上は必ず通らなくてはいけない審査になるのだ。

信用情報審査とは?

信用情報審査
君たちが一度でもお金を借りた場合は必ず、信用情報に記録が残る。

信用情報には、契約情報や返済記録など、貸し借りに関するすべての情報が記録されているのだ。

これって、怖いと思わないだろうか?
たった一度、借りた記録がずっと残っているのはなにかアンフェアに思う。

そう考えてしまった人は少し、安心して欲しい。

もし君たちがお金を借りても、その情報が一生残っているわけではないのだ。

ただし、実際にお金は借りなくても、申し込みをするだけで記録にはなってしまうことに注意が必要だ。
この部分は、アンフェアな気がしてならないが、、、申し込んだだけだろうと、、、。

もしキャッシングの申し込みをしても、審査に落ちてしまい、お金が借りれなかったとする。
その際は最長6ヶ月、名前と申し込み日、商品の種類(クレジットカードやローンなど)の記録が保存されるのだ。

さぁ、次の段階、そう!無事、契約が成立した場合だ。

審査がとおり、契約するとその情報が記録される。

契約日・契約金額・支払回数・契約した商品の内容などだ。
解約後、最長5年間はキャッシングの記録は残ることになっている。

ここで重要なのは借りたお金を返せば解約になるのではなく、契約を解除する必要がある点だ!
もし完済しても、契約が続いていればずっと記録は残ってしまうので注意が必要になる。

また「任意整理」は5年・「自己破産」は10年とやはり重たい。ブラックリストの話だな。

信用情報審査とは、お金を借りたいと言っている人に本当に貸して良いのか?ということ審査することだ。

つまりブラックリストが信用情報と言っても過言ではない。

自己破産している人にお金を貸すことはできないが、個人情報を調べることはなかなか難しい。

そのような問題を事前に調査して、審査することを信用情報審査というのだ。

この信用情報は、全国銀行個人情報センター・JICC・CICという機関によって厳重に管理されている。

もちろん、自分の記録も自分で開示することが可能なので、興味がある人は一度、HPを調べると良いだろう。

また借金を踏み倒す!なんていう人もいるが、その後、何年経過しても金融会社の審査がとおることはない!
これは貸倒という記録が金融会社に残っていて、未だ契約をしている状態が続いているからなのだ。

つまり、その契約を終了させるために、踏み倒した会社に行かなければならないという恥ずかしいことをしなければならないのだ。

書類確認の審査の噂

あまりヒーローがおすすめすることではないが、業界の裏情報を知ることもキャッシングにおいては大事な側面も重要だぞ。

表面上と本心はかなり違っているという、少しシビアな意見が必要なのだ。特にお金の貸し借りは、、、。

キャッシングを利用したい人はまず、申し込みをする。
このとき、仮審査ではOKがでたにも関わらず、書類審査でNGになってしまう人がいるのだ。

この書類で審査を落とされた人は「なぜ?」と思う人もいるであろう。

厳しいことをいうが、仮審査はやはり、仮でしたならないのだ。

本審査、つまり、君たちに本気でお金を貸すかどうかを消費者金融が考えるのはこの書類審査からになる。

貸す側は自分の都合で貸すという厳しい現実があるからだ。

事前の申し込みの段階で厳しい条件をつけてしまうと、幅広い顧客を得られない企業の都合がある。

その点を考えると、やはり間口は大きく設定しなくてはならない。

仮審査とは、本審査を受ける資格があるのか?という点を判断しているに過ぎないのだ、、、。

仮審査をパスしても、基本は安心できないという覚悟が必要だ。

この書類審査で消費者金融は、本当に返せる人なのか?踏み倒しをするような人ではないか?ということを本気で調査を始める。

申し込みの段階で審査OKと聞いたので、ほぼ問題ないだろう!と思った人には、残念なお知らせだが、
このような噂があるのは確かななのだ。

しかし、お金を貸す側も返ってこなければ利子どころの騒ぎではないはず。

銀行も債権未回収の問題で潰れる時代。

お金を貸して商売にしたい会社もお金を借りて生活に活用したい人も、やはり同じくらいの、
熱量で最後までぬかりない行動が必要になるのだ。

間違っても、申し込み段階で審査がOKになって気をゆるくするのだけはNGな行動だ!
申し込みも書類送付もイージーミスだけは避けたいところだ。

今回は主にキャッシングにおける「審査」についてご紹介させていただいた。

「属性審査」は君たちの年収や家族構成、そして勤務先などの個人情報に近い審査になる。
また、「信用情報」とは過去にキャッシングの申し込みや契約がなかったのか?という点を有限で記録している情報だ。

仮審査はあくまで、仮であること。書類審査ではじめて本調査が行われること。

このように便利で気軽にできると思われていたキャッシングは非常に奥が深く、長い商売の歴史があるのだ。

もし、君たちがこれからお金を借りる場合は必ず「審査」は避けて通れないこと、
そして、お金の知識は借りる以上、必ず必要になってくるの、勉強するスタイルがとても重要だ。

昔から一円を笑う者は1円に泣くという名言がある。

キャッシングの場合は、審査を甘くみると審査で泣くという言葉がピッタリかもしれない。
絶対にお金で失敗しないために、地に足をつけてまい進しよう!

お金の心配は人生の心配でもある。
しっかりとした知識と心意気で借金もなんとなかなる!がモットーのキャッシュビクトリーだ。

大人になると働く時間はおおよそだが8時間が平均といっても良いであろう。
一日の大変を仕事ですごしてしるのにも関わらず、その大切なお給料がすべて借金で消えてしまう、、、

こんな悲しいことはないかもしれない。借金だけのための労働は地獄ではないだろうか。

個人で友人に貸すときはまだ良いとして、借りる側はキャッシングの知識が必要不可欠だ。

たとえば、ヒーローの武器でも使い方を間違うと大変な目にあう。
それと同じく、いやそれ以上に、キャッシングの知識は重要なのだ。

今日も「キャッシング」について私と一緒に勉強しよう!

在籍確認はどういう感じにやられてるの? 

 

基本的にお金を借りる人の心配は、誰かにバレてしまうことではないか?
その典型的な問題が誰もが嫌がるであろう「在籍確認」になる。
キャッシングにおいて在籍確認は避けて通ることはできないのだ。

できればやめて欲しい在籍確認には「電話連絡」と「書類確認」がある。

書類確認は社員証や最新の給与明細のコピーなどが求められることが多い。
君たちがお金を借りたいと思っているのなら、なんとかこの「書類確認」で在籍確認を、終わらせたいと思うはずだ。

なぜなら、電話連絡が一番お金を借りていることがバレてしまう可能性が高いからだ。

今回は在籍確認の「電話連絡」がどのように行われるのか?についてまとめてみたので、ぜひ参考にして欲しい。

あ、1点忘れて欲しくないことがある!

よく在籍確認は「書類でOK」としている会社もあるが、原則は電話連絡としている場合が多い。
つまり、君たちが「職場の連絡は勘弁して欲しい」という任意の確認がとれなければ、自然と職場に
連絡されてしまうケースもあるので、注意が必要だぞ!

金融会社を名乗ることはないので安心!?

貸金業法には、「契約以外に契約の事実を伝えてはならない」という厳しい法律が存在している。
そのため、電話連絡が入っても消費者金融の担当者であることは100%あり得ない。

「〇〇と申しますが、△△様はいらっしゃいますか?」という台詞が多いようだ。

「どちらさまでしょうか?」という君たちの同僚の問いかけがあったとしても、
「個人的な知り合いなのですが」という答えをするだけで、決して名乗ることはない。

但し、やはりこのような電話は疑問に思うこともあるので、直感的に怪しいと思う人もいる可能性は否定できない。

目的は在籍確認、不在でも構わない!

もし会社で不在なことが多い場合でも、まったく問題はない。

なぜなら、在籍確認は文字とおり君たちが職場に在籍しているのかを確認するのか目的なので、
「外出中です」と言われても、「お休み中です」と言われても確認は取れたことになる。

「折り返し電話させます」などの気を使ってくれた場合でも、消費者金融は身分を明かすことはないので、
その点は安心して良いと言えるであろう。

在籍確認は避けることはできない、これが基本だ。

しかし電話連絡はやめて書類でなんとかパスが可能かどうかは未知数な部分がある。
事情を説明すれば可能な場合もあるので、必ず一度お願いすることをおすすめする。

返済能力に疑いがある理由でなければ、お話は聞いてくれるはずだ。

収入形態審査、総量規制に沿った借入について

  

通常、キャッシングの審査はこの4つになる。

「属性審査」「書類確認」「在籍確認」「信用情報審査」になる。

あまり嬉しいことではないが、基本的にキャッシングは身辺を調べられる覚悟が必要なのだ。

また総量規制とは、年収の3分の1以上の借入は不可になる法律のことだ。

返済できる収入があるのか?という点も考慮される収入審査。

高い収入を得てれば、審査は通りやすい!と勘違いしてしまう人がとても多い。
もちろん、年収1000万円もあれば良い印象を与えることはできるかもしれない。

しかし、一番、問題なのは安定した収入なのか?そではないのか?という点になるのだ。
継続した安定的な収入が一番、収入審査が通りやすい点になる。

また総量規制の対象にならないのか?という点も厳しく審査されるのだ。

貸金業法で定められている総量規制をこえて、融資してしまった場合、
営業が停止してしまう場合もあるので、消費者金融はその点を含めてしっかりと収入を審査する。

総量規制とは対象外になるケースもあるが、消費者金融からの借入やクレジットカードでお金を借りた場合などは、その適用範囲内になる。

たとえば年収300万円の人は100万円までしかお金を借りられないということになるのだ。
しかし、総量規制は対象外となるケースもあるので、絶対に借りられない!というわけではない。

銀行系のカードローンの場合は対象外であったり、車のローンであれば問題なかったりするのだ。

つまり、きちんと返済ができる収入があるのか?という点と、総量規制の点に問題が無いのか?という点を、消費者金融は審査することになる。
その点に心配がなければ、なにも不安になることはないのだ。

金融会社が好きな言葉は「高収入」ではなく安定なのだ。

相手がどのようなものを求めているのか?正しい考えや行動はなにか?
自己分析と環境分析を怠らず、失敗のない借入が重要となるであろう。

他社の借入件数、金額も調べられてる?

もし君が大切に貯めてきたお金をA君に貸して欲しいと言われてたとしよう。

A君には恩があったので、君は喜んで貸したする。
しかし、その後、A君がその他の人からもお金を借りていた場合、君はA君を信用できない人という判断をしないであろうか?

人から借りていたことをなぜ事前に言わなかったのか?と。

キャッシングにおいて「審査」は基本だ。

属性審査などで勤務地や勤続年数などが調べられることはあるが、
やはり「他社の借入」は融資するのか?しないのか?について、とても重要な問題になる。

現在、何社から借入しているのか?他社からの借入の合計金額はいくらなのか?は当然、しっかり調べられる。
合計金額も審査の重要なポイントになるが、より重要なのは借入件数になる。

もちろん、業者によってその審査基準はすべて違う。
しかし、君がお金を借りたいと思っても4社以上から借入をしている場合は、かなり難しいと判断して良いだろう。

これからも融資が可能な状態になりたいのであれば、まずは「借入件数」を少なくさせることや、まとめることが大切だ。

少し、安心して良いのは、住宅ローンや自動車ローン、またはクレジットカードによるショッピングで、
お金を借りているような人は「借入件数」としてカウントされないことだ。

住宅ローンしか利用していない人は「他社からの借入件数はゼロ」ということになる。

「他社からの借入件数」に該当するのは、カードローンやキャッシングだけなのだ。

小難しいお話をしてしまったが、お金を貸すということは相手もリスクを背負うことになる。
その点を考慮しても、他社からの借入はしっかり調べられていると覚悟したほうが良いと言えるであろう。

お金は徹底的に身辺を調べられるのだ。

ここではキャッシングの在籍確認・審査について、様々なことをご紹介させていただいた。

「審査」という響きは私もあまり好きではない。
しかし、扱うものがお金だけあって、徹底的にキャッシングは審査されることになるのは明白の事実だ。

その点を考えると、これからかお金を借りたいと思っている人は、安易な気持ちで借りることはできないと私は思う。

貸して側は、融資したお金が返ってこなければ、倒産する可能性があるのだ。

銀行が債権未回収になり国の補助で救済されるニュースを君たちも聞いたことがあるだろう。
しかし、消費者金融にしろ、信販会社にしろ、国は助けることは基本ないのだ。

つまり彼らも必死で仕事をして生きているということだ。

そのため、公的な審査+独自の基準を儲けて確実に回収できるお客さんを探しているのだ。

少し、厳しいことをいうが、借りて側も、もっと本気でキャッシングすれば良いのだ。
審査を通して、社会で生きる大変さを味わくことも、また一つの勉強になるかもしれない、、、。

 

愛と友情とお金があれば人生はなんとなかなる、、、お金の専門ヒーローであるキャッシュビクトリーだ。

君たちはお金って不思議に思わないだろうか?

とても大事な物なのに、あまり「お金が大事」と大きな声で言う人はなぜかいない。

しかし、私は声を超大にして叫びたいと思っている。
「お金以上に大切なものは、そうそうない!」ということを。

長い間、ヒーローとして生きてきた私でも、やはりとっても大事な豊かな存在なのだ。
特に「キャッシング」は借りることなので、非常にデリケートな問題になる。

今回のテーマは、あまり好きな人はいないだろう金融会社からの「審査」の話になる。

年齢や性別の審査について、住居形態の審査を中心にご紹介させていただこう。

年齢性別も審査の条件?

金融会社からの「審査」を考えるときは、君たちだったら、どんな人が信頼できるのか?という点が重要な考えになる。
これは何ごとにもいえることだが、相手が喜んで貸したいと思う条件を考えるのだ。

大切なお金を新卒で入社した人に貸すのか?

それとも、勤めて10年の30代の人に貸すのか?

どちらも「貸す」という行為には変わらないが、年齢は信頼性に関係していると思わないだろうか?

結論をいえば、年齢は重要な審査項目であることは間違いないのだ。
ただし、若干、消費者金融はその他の業界とは違い、年齢に対する考え方が特殊な一面もある。

消費者金融によって、もちろん年齢の考え方は違ってくるが、「20歳以上で安定した収入がある人」が基本となっているようだ。

20代~30代の働き盛りをターゲットにしている消費者金融はとても多い。

逆に、収入も増えて落ち着く年齢であるはずの40代は意外と消費者金融では厳しくみられている。

もちろん、40代以降の人が借りられないのか?というと決してそうではない。
審査は複合的な条件をスコアリングしていくので、あくまでも目安ということを忘れないように。

しかし、なぜ40代以降の人が審査が厳しくなるのか、それを説明させていただこう。

これは、一般論になるが、40代の人は勤続年数を重ねていれば自然と社会的信用が増えて、
ボーナスも増えて、収入も増えるというのが自然な解釈だと思う。

その点を考えると、消費者金融も「上等なお客様」と判断しても良いのだが、
やはり、40代は結婚している人が多く、収入は増えても、毎月の出費は多いと判断される場合が多いのだ。

住宅ローンやお子様いる場合は教育ローンなどがあるはずだ。
それらをお給料から差し引いていくと、結局、お財布にはあまり残らないのでは?という問題が残るため、40代以降は意外と厳しく見られてしまうのだ。

たしかに、一生懸命働いている20代~30代の人であれば、家を買ったりする人も少ない、扶養する人もまだいない可能性が高く、比較的、自由にお金を使える。
そんなことから、若い人が実は消費者金融の上客になりやすい側面があるのだ。

また性別についての「審査」は、基本、男女大きな違いはないという考えで良いだろう。

ただし、女性であれば専業主婦であったりする場合は、旦那さんの収入を証明する書類を提出するなどを求められることは当然ある。。
20代~30代の女性で安定した収入があれば、男性と同じく問題なく審査は通りやすい可能性があるのだ。

住居形態の審査

 
住居形態の審査
これからお金を借りたいと思っている人は、自分の住居形態が審査にどのような影響を与えるのか、
気になったことはないだろうか?

簡単にいうと、持家なのか?賃貸なのか?という論点になるであろう。

勝手な解釈では持家のほうが有利に審査されそうだが、実際はどうなのであろうか?

つまらない回答で申し訳ないが、

持家のほうが審査は通りやすい。賃貸よりも引っ越しや転勤のリスクが少ない持家は安定的に判断されて、有利な条件の一つになるだろう。

ただし!昔は住宅ローンがあっても持家であれば審査に好印象をもたれていたが、現在はそんなことはない!

いくら持家でも、ローンが終わっていなかったりすれば安定という判断はされないのが現状のようだ。
賃貸だから信用されないのではなく、居住年数がどれくらいなのか?という点を消費者金融は審査する。

居住年数が短いということは、転居する可能性が高いと判断される場合もある。

お金を貸す側は、常に安定した状態を求めているということを忘れてはいけないようだ。
以上の点から判断すると、家を代々引き継いでいる農家の方は信頼性の高い人と言えるであろう。

つまり、住居形態で信頼される順番はこうなるはずだ。
持家(住宅ローンなし)>持家(住宅ローンあり)・賃貸(居住年数が長い)>賃貸(居住年数が短い)

仕事などの事情により、転勤や引っ越しが多い人は、審査が厳しくみられる可能性はあるようなので、注意したい。
ただしこの問題は会社の都合もあるので、金融会社の人に正しく伝えれば理解はしてくれると思うが、、、。

たしかにお金を借りたいと思う人たちは、住居形態がどのように審査されるのか、消費者金融は答えてくれるわけではないので、心配になるはずだ。

やはり、大事な考え方は、安定しているのか?つまり落ち着いているのか?という点を欲しがっていることに気づくことだ。

住居形態の審査も年齢の審査も、なぜ消費者金融は調査するのか?
それは借りたいと思っている人を総合的に、安心できる存在なのか?を非常に細かく分析しているだけに過ぎない。

すべての情報を集めることは消費者金融でもできないので、少しでも安全な人であることを知りたいと思っているのだ。

持家なのか、賃貸なのか、という事実も大事だけれど、客観的に君たちが「安定している」人なのか?というアピールが一番大切になるであろう。
逆に、持家をもっていても、支払日は平気で遅れる、服装は汚れている、言葉づかいも平和でない場合は、拒否される可能性は高いのだ。

借入金の用途について

キャッシングをするときに必ず、聞かれる使い道。

言って良いこと、言ってはいけないこと、そんな基準はあるのだろうか?と、考えてしまう人は意外と多いはずだ。

簡単にいうと、借金の使い道の回答に深い考えは基本不要だ。

ギャンブルでも、レジャーでも、大きな問題はない。

ただし、注意点だけ抑え欲しいことはある。

それは「借金の返済のため」「生活が苦しいため」という理由を正直にいうことはNGだ。

正直な人は素敵なのだが、キャッシングについては多少の工夫が必要になる。

特に借金の返済のためと書いてしまえば、そもそも、今借りているお金も借金なわけだから、
「この人、返せるのかな?」という疑問をもたれても不思議ではないはずだ。生活が苦しいという理由も同じ意味になりやすい。

再三話させていただいたが、審査というのは、安心できる人なのか?という点を常にチェックしている。

つまり与信管理が消費者金融の仕事といっても良いのだ。

最初から、借金の返済を目的に借りに来る人にわざわざお金を貸して、リスクを背負う消費者金融は基本的にないと思って良いだろう。
とは言っても、本当に可及的速やかにお金を返さなくてはならない状態もあるであろう。

たとえば、知人や親戚にお金を返す場合もある。
そのような借金は信用情報には記載されていないので、消費者金融も把握はできない。

そんなとき、君たちが使い道に「お金を返すため」と正直に書いてしまえば、その取引は審査が通らず、終了となってしまう場合が多い。

あまりヒーローがこのような台詞を言ってはいけないのだが、
どんな使い道であっても、しっかりと返済計画をたてて、使い道は娯楽やレジャーと書くことをおすすめする。

あくまで、きちんと返済する覚悟をもっての話だということを忘れないで欲しい。

【まとめ】

今回はキャッシングの「審査」を中心にご紹介させていただいた。

ハッキリ言って、審査は不気味な雰囲気がある。

なぜなら、自分の知らないところで評価されて、その答えはYES!NO!だけで、
なぜその答えなのか?は決して教えてくれることはないからだ。

その点が「審査」の一番、怖い部分になるであろう。

しかし、深く考えれば、特定の分野がどのような人を求めているのか?という点を搾れば、的外れな回答は減るはずだと私は思う。

キャッシングであれば、「安定」している人を希望していることは間違いない!

自分がいかに安定しているのかというポイントを提案すれば、審査は通過しやすいはず。
要は、君たちのターゲットが何を欲しがっているのか?ということを意識することが重要になるのだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>