即日 キャッシング

プロミスでスピード審査、お金を借りるには?

プロミス
プロミスはテレビや様々なメディアで大きく宣伝している会社なので耳にしたことがあると思います。
実はプロミスと言う名前は会社の名前ではなくお金を貸すこの仕組みと言うか商品のトータルの総称のような形で位置づけられています。

公式ホームページではサービスブランド名と書かれています
正式な会社の名称はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社と言います。
名前からわかるように三井住友フィナンシャルグループの100%出資会社なので母体がしっかりしているので安心ですね。

審査方法

審査方法は、最近プロミスでアピールしているのが「スピード」のようで、インターネットで申し込みが完結するという事と即日審査で即日融資をうたっています。
審査に必要な書類は免許証や保険証・パスポートなどと収入証明書になります。
50万円以下の融資限度額の場合は収入証明書がなくても借りられるようですが、昔借りた際は限度額50万円で収入証明書の提出を求められました。
今はどうなのでしょうか?50万円以下で身分証明書のみで借りることが出来たらかなりスピーディーに手続きが進むと思います。

公式のホームページでもインターネットなどを利用すると審査が早いと書かれていますので、企業的にも手間がかからなく素早く審査ができるのでしょう。
スマホの普及で利用者も企業にもメリットがあるのがうれしいところですね。
最短で30分ほどで審査の結果が出るとも書かれていますので、急いでいるときにはインターネットを利用して申し込むとすぐに結果がわかり、審査に通れば即日融資が可能となるわけです。

利息金利の仕組み

プロミスでは金利を4.5%~17.8%と書かれています。
金利はプロミスで限度額などをもとに決めています。大概フリーローンの扱いになるので17.8%が適用されることが多いと思います。
公式のホームページに返済のシュミレーションがあるので借りる前に試してみることをお勧めしますが、
たとえば50万円の限度額いっぱいに借りる場合ですが、17.8%の金利で36回払い(3年払い)を選択した時、月々の支払いは¥18,026となります。
返済の額が一定で元金と利息が変動していきます。
メリットとしては毎月一定額で3年払うので予定も立てやすいですし、無理のない範囲で毎月の支払いを設定できるので滞りなく返済できる点があると思います。
デメリットとしては3年間当たり前ですが利息がかかります。
プロミスでは30日間利息無料と言うキャンペーンをやっているので、最初に借りた時から30日間は利息がかかりません。
ですがそれ以降に関してはかかるので先ほどたとえで書いた場合は、35回分は利息がかかるという事になります。
借りた金額が大きく返済期間が長くなればそれだけ利息は大きくなります。
無理がない範囲で返済はした方がもちろんいいのですが、毎月の返済額を少なくしてしまうとその分返済期間は長くなるので利息は多くなるので、よく計画を立て返済をしていかなければなりません。

返済方法

プロミスの返済方法ですが、かなり種類があります。
まず、パソコンや携帯・スマホを利用すると三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行のネットバンクが利用できます。
ホームページなどで事前の登録が必要となりますが、振込手数料はプロミス持ちなのでとても便利かと思います。
ネットバンクを使っている方はこちらを利用すると返済も手間がかからないですね。
また口座引き落としも対応しているようです。こちらも事前の登録などが必要なようですが、ご自分の口座から引き落とされるので払い忘れなどはありません。
こちらも手数料はかからないそうです。
あと手数料がかからない方法としては店頭ATMになります。こちらはプロミスのお店や無人窓口などに併設されているATMで返済するので、手数料はかかりません。
もう一つ手数料がかからない方法としてローソン・ミニストップ・ファミマに設置されている端末での支払いがあります。
画面の手順に従い支払い用紙をプリントアウトしてレジで支払います。
コンビニもどこに行ってもあるので支払いができてとても便利です。
手数料がかかるのですが提携ATMでも返済などができるようです。
プロミスの表示のある提携ATMを利用して月々の返済をするそうで、手数料の金額は提携先によって異なるそうなので事前に調べてから利用した方がいいでしょう。
あともう一つは銀行振り込みになります。この場合の振込手数料は利用者の方での負担となります。
いずれもよほどの事情がない限り手数料がかからない方法で支払いをした方がいいのではないでしょうか。

魅力な点は?

プロミスの魅力的な点はいつでもどこでも利用できるという点でしょうか。
契約に関しても無人の契約ができる機会のあるところであれば22時まで受付しているようですし、
インターネットやアプリを使えば場所や時間を選びません。
必要書類がそろっていればインターネットやアプリを使って午前中に申し込めば最短30分で審査が終わり、即日融資も可能なので急いでいる方にも便利だと思います。
時間や場所を選ばないというのは人の目をあまり気にせず申し込みができるという事ですし、わざわざ店頭に行く手間も省けるので利用しやすいのではないでしょうか。
また公式ホームページなどを見てもわかるのですが、説明が非常にわかりやすく書かれているので借りる前に不明な点や不安な点があった場合などはホームページを見ればあらかた解消されると思います。
よくある質問なども細かく書かれているので安心してお金を借りることができるのではないでしょうか。
それでもどうしても不明な場合は電話をかけて聞くのですが、これは個人的な感想なのですが
こういったホームページの類で電話をかけてくるのをウェルカムな企業はいたるところに電話番号などを表記しているように思います。
逆に連絡先がどこを探しても見つからないような企業は電話をウェルカムではないんだな・・・と思ってしまいます。
プロミスはどうかと言うと・・・ウェルカムなんだと思います。
かなりたくさん電話番号がいたるところに書かれています。なので気軽に電話をして聞いてみた方が安心でしょう。
この電話番号も普通のプロミスコールと呼ばれている電話番号の横に女性専用のレディースコールも書かれているので、女性にも安心ですね。
こういった細かなことまで気を配れるというのも大手の金融会社ならではと言えるでしょう。
そういった事も含めてやはりプロミスでお金を借りるということは大きな安心感と言う事が最大の魅力なのではないかと思います。

ATM使える場所は?

プロミスのATMが使える場所ですが、まず店頭ATMが利用できます。これは手数料がかからず利用できます。
あとは提携ATMなどですが今はコンビニやスーパーなどにもたくさん設置されているので、本当にどこでも利用できると思います。
ただ手数料がかかるのでそれを考えるとかからないATMで利用した方がいいのではないのかなと思ってしまいますが、なかなかプロミスの店頭に入るのがためらわれますのでそういった方は銀行のATMやコンビニやスーパーのATMを利用した方がいいでしょう。
便利な点はもちろんいたるところに設置されているという事だと思います。
コンビニはどこにでもありますし、銀行のATMも対応しているところが増えてきたので借り入れも支払いも場所を選ばないというのはとても便利だと思います。
そこの場所に行かなければいけないというのは忙しい人にとって、とても大変なことだと思うので利用できる場所がいたるところにあるというのはとても安心ですね。
ただ気を付けなければいけないのは、各ATMによって利用できる時間もまちまちで、手数料もかかってしまうという事なのでこれはきちんと調べておかないといけないと思います。

まとめ

プロミスはCMなどでも聞いたことがあるくらい大手の金融会社です。
内容もわかりやすく親しみやすいのであまり消費者金融というイメージではないと思います。
それは借りる側にとっても貸す側にとっても大きなメリットなので、戦略と言う点では成功なのではないでしょうか。

これが大きな安心感となっていると思います。
インターネットやアプリも活用していますし、それらを利用すると審査が早くなるという利点もあります。
審査が早くなるという事はおのずと融資までが早いという事なので、スピード感もここで与えていると思います。
返済のシミュレーションもしっかりと借りる前にできますし、返済方法も多種多様あり借りる方の様々な環境や状況にも細かく対応してくれていると思います。

こういった事から満足感が生まれてくるので、安心感とスピード感にプラス満足感が加わりプロミスでお金を借りてよかったなと思えるような仕組みができているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>