即日 キャッシング

アイフル【SuLaLi】スラリ女性専用カードローン

アイフル【SuLaLi】スラリ
金融会社大手のアイフルにも女性専用のローンができたようです。

今年の6月に新しく始めたサービスのようでホームページも女性らしい柔らかくきれいなデザインで、
女性専用と言うのがよくわかります。

こちらのローンですが面倒な来店手続きをしなくても申し込みから完了までできるそうです。
インターネットを利用して申し込みをするようなのですが、面倒な本人確認が写真付きの身分証を写真で取り、それをメールなどで送ればいいそうです。

お金を借りる際にできれば人に会いたくないと思っている女性は多いのでwebのみですべてが終わるのは本当にありがたいですね。
こちらのローンですが限度額が10万となっています。

借りすぎや使いすぎを考えられており、また返済が滞ることがないよう低めの金額設定を設けています。
また借りられる女性は初めての方を対象としているのも珍しい点ではないでしょうか。

複数の借り入れがある方や他社での利用の完済が5年未満の方は借りれないようです。
ただ完済して5年以上たっている場合は情報が消えている場合もあるので借りることはできるかもしれません。

審査方法は?

審査方法は他のローンと同じようで、必要書類を記入し(webでの入力になりますが)顔写真付きの身分証を送り審査をします。
アイフルは審査途中の在籍確認が必ずある会社ですので自宅か会社に個人名での電話がかかってきます。

個人名での電話がローン会社の在籍確認であると知っている人もいるので他の人に知られてしまう場合はあるかと思います。
不特定多数の人が電話を取るような会社であれば全く他人に知られずに借りるという事は難しいのかもしれませんので、注意が必要です。

利息金利の仕組み

アイフルの女性専用ローンのSuLaLiですが、金利が18%と少し高めになっています。
他の会社でよくある無利息キャンペーンなどはされていないので、借りたその日から利息が発生します。

返済回数は2種類あるようで限度額10万円で借りた場合、元金を定額にした返済方法と返済金を定額にした方法とあります。
この違いは回数もトータルの返済額も少し違ってきます。

まず元金を定額にした場合、返済する元金は¥5,000でこれに利息などがかかるので返済額は少し多くなります。ですが、返済回数も少なくトータルの返済額も少なめです。

もう一つの返済額の定額ですが、こちらは返済額のトータルを定額にしてその中で元金と利息とに分けていく方法なので、自然と返済回数とトータルの返済額は多くなります。
利息は借りている金額に対してかかるものなので残金が多ければ多いほど利息は高くなりますが、
元金を一定にした場合早めに残金が減っていくという事もあり利息も段々と少なくなってきます。

返済は毎月のことなので決して無理はせずきちんと返せる方法で借りることをお勧めします。
公式のホームページには返済のシュミレーションがありとても分かりやすいので、借りる前にまずはシュミレーションをしてみてはいかがでしょうか?

返済方法

こちらのローンの返済方法ですが、SuLaLiの公式のページには返済方法が載っていませんでしたので通常のアイフルのページの情報から紹介したいと思います。
(同じ会社なので返済方法もおそらく同じかと思います。)
返済方法は銀行振り込み・店頭ATM・提携先ATM・コンビニ払い・口座振替となっています。

それぞれ手数料などは利用者側が払いますので、銀行振り込みの場合は振込料・提携先ATMやコンビニ払いは手数料・口座振替の手数料がそれぞれ所定の金額がかかります。

手数料が確実にかからないのは店頭ATMになります。
ただこの場合お店に入らなくてはいけないので見られたくない人にはあまりいい方法ではないのかもしれませんね。
そもそもお金を借りる段階で金利がかかっているうえに支払いの時まで手数料がかかるというのもなんだかおかしな話ですが・・・。

ちなみに私の場合、昔はコンビニ払いやコンビニのATMでの払いと言う事自体があまりできなかったので
おのずと店頭ATMでの支払いになっていました。

できるだけ人通りのないところを探したり少し遅い時間に行ってみたり、あとは違う場所に駐車して店頭ATMまで歩いて行ったりと、様々なことをしていましたが、だんだん面倒になり(毎月のことなので)最終的にはあきらめて普通に昼間店頭ATMへ返済に行っていました。

魅力な点は?

このローンの魅力はいろいろありますがまずわかりやすい点でいえば、専用のカードのデザインがきれいでかわいいという事です。
2種類から選べて色もデザインも女性が好みそうなもので、財布に入っていても何かの会員カードかな?くらいにしか思われないと思います。

まさか消費者金融のカードだとは思わないでしょう・・・。

公式のホームページもカードのデザインそのままできれいでわかりやすいページになっています。
様々な配慮で女性が借りやすいようとても工夫がされているのだと思います。
あと限度額が10万円という低額の設定なので気軽に利用ができる点でしょうか。

限度額が低めなので必要書類も顔写真付きの身分証明書のみでいいですし、申し込みもインターネットを利用すれば簡単にできますし、とにかく手間がかからずにスピーディーです。
身分証をわざわざコピーしたりと言う手間はいりませんし、郵送の手間もありません。
ですので、借りたいと思ってからすぐに申し込みをすれば即日融資も可能となっています。
簡単でスピーディーと言う事が一番の魅力なのではないでしょうか。

お金を借りる側としてはすぐに借りたいと思っているときに手間のかかる書類記入や、身分証などの用意などで時間がかかると、実際自分の手元にはいつお金が使えるようになるのだろうと不安になる事もあると思います。
このローンは誰にも会わずに、面倒な書類の記入もなく身分証などの用意もなくインターネットがつながれば終わってしまいますので安心です。
私が借りている時代にこんな便利な申し込み方法があればよかったのに・・・と見ていて思ってしまいます。免許証一つでお金が借りられるなんて考えられなかったですよ。
申し込み用紙は全て手書きですし、必要書類もコピーして申し込みの時に持参しなくてはいけませんし、必ず収入証明がなければいけませんでしたから、今は本当に便利になりました。
審査も1日~2日は最低でもかかりますので、すぐに借りたい!!と思っても即日で融資はほぼ難しかったです。
審査がその日のうちに終わり即日融資が可能になったというのもありがたい事ですね。

ATM使える場所

こちらもSuLaLiページでは記載がなかったのでアイフルのページから紹介したいと思います。
ATMが使える場所としては、店頭のATMか提携ATMになります。

店頭ATMの場所に関してはとても使いやすい検索ページが公式のサイトにありますので詳しくはそちらでご確認してみてください。
提携ATMに関してですが、まず借り入れと返済が両方できるATMが、セブン銀行・イオン銀行・三菱東京UFJ銀行・西日本シティ銀行・ローソンATM・Enet・親和銀行となっています。

コンビニに設置してあるものが多いようです。
借り入れのみ対応しているのが、福岡銀行・熊本銀行になります。
返済のみ対応しいているのが、ファミリーマートのファミポート・ローソンのロッピーになります。
コンビニに設置しているATMであれば大概利用できるようなので、とても便利ですね。

店頭ATMは手数料がかかりませんが目立つ場所にあるので人に見られます。
コンビニや銀行のATMであれば何かのついでに利用できますし、何の用事でATMを使っているかがわからないので人目をあまり気にしなくていいのですが、手数料がかかります。
どちらもメリットとデメリットがあるのでご自身で利用しやすい方法を選んでいただければと思います。

まとめ

アイフルの女性専用ローンのSuLaLiですが、まだ利用の開始がスタートしたばかりなのでなかなか情報が出回っていない部分もあるようです。
このローンの特徴としては、まず初めての借り入れの方のみと言う点、限度額が10万円と言う点、顔写真入りの証明書であれば収入証明書なしで簡単に借りれるという点になります。

初めてと言っても全くの初めての方か、もしくは借り入れがあった場合でも完済から5年以上が経過していれば情報はない場合が多いので初めてになるかと思います。
初めての方とはっきりと書かれていることがなかなかないので珍しい形のローンではありますが、
利用する方にはわかりやすくていいと思います。
また限度額が10万円と言う事で借りすぎを防止できるのもいい点ではないかと思います。
ただ金利が少し高めなので借りる金額や返済方法はよくシュミレーションしてから借りた方がいいでしょう。

最後に顔写真入りの証明書のみで申し込みができるという点ですが、申し込みにわざわざ書類を用意する手間がなくてとてもいいと思います。
免許証であればそれだけで申し込みができるので審査も早くなり結果もそれだけ早くなるので、すぐに借りたいと思っている方にはとても便利だと思います。
とはいえ、様々なことが便利になってきているので利用する側も情報をよく選び、効率的に利用するようにして無理の内容に賢くお金を借りることができるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>