即日 キャッシング

低金利で消費者金融からキャッシングしたい人向け業者の選び方

お金で悩んでいる人の味方、キャッシュビクトリーだ。
低金利 キャッシング
やはり、お金の苦しみはなんだかんだ言って、人生で一番悲しい経験かもしれない。
内緒の話だが、私は怪獣と戦うことよりも、欲しい物や経験したいことに必要なお金が足りない事の方が、
精神的なダメージは大きい。

実は、私も君たちと同じような苦しみを持っているのだ。

人は様々な場面でお金が必要になる。そんな時にお財布事情が良くない人は、キャッシングが便利。
しかし!キャッシングは金利がついてくるので、できれば「低金利」で借りたいことは当然だと思う。
今日は、「低金利キャッシングの情報」を伝授させて頂こう。

①低金利で借りたい君たちへ、失敗しない消費者金融の選び方

【読みたいことろから読んでくれて構わない】
低金利 消費者金融 選び方
世の中には、お金を貸してくれる会社が本当に多くある。電車に乗れば、つり革にも小さく広告が出ているし、
ネットやテレビで頻繁にCMが流れている。

しかし、これだけ沢山の消費者金融があると、正直「どの会社で借りれば良いのか?」と、迷ってしまう人がほとんどではないだろうか。
私もお金を借りたことがあるが、どこの会社にしようかとても迷った経験がある。

お金を借りたい人は「早くお金が手元に欲しい」「安全な会社が良い」「低金利が一番!」と、考えているはずだ。
「入金が遅い」「危険な会社」「高金利」では、誰でもそんな会社から借りたくないだろう。

お金を借りる場合は、「金利」がリーズナブルに限る。
しかし、この「金利」とは食べ物や消耗品違って、どう安いのか非常にわかりにくい。
消費者金融の広告を見ていると金利5%~18%と書いているが、「高いのか?」「安いのか?」と思わず疑問になってしまわないだろうか?

君たちが、低金利でお金を借りたいと思ったならば、貸して側の事情を知ることで、
低金利・安心を提供してくれるピッタリの消費者金融が見つかるだろう。

ご存知の方も多いかもしれないが、多くの貸金業者は自分達の自己資金を、借りたい人に融資しているわけではない。

ラーメン屋を開業する人も、消費者金融を開業する人も、分野は異なるが基本的には一緒だ。
会社を大きくする時に、銀行からお金を借りて事業を発展させる。これが商売の基本の流れになっている。
つまり、貸金業者も銀行から安い金利でお金を借りて、そのお金を君たちに融資しているのだ。

君たちがお金を借りたくて、安い金利を求めているのであれば消費者金融と同じように、
「銀行・銀行系金融機関」が提案しているローンに目星をつけると、早く低金利の金融商品に出会えるはずだ。

銀行は手堅い会社でもあるので、まずは安全。
そして、消費者金融も融資を受けるくらいなので、当然金利はその他の会社よりも安い傾向にある。

商売をしている人は、問屋から商品をまとめ買いして、利益をのせて販売する。
貸金業者も、銀行という問屋からお金を調達して、利益(金利)をのせて販売する。

要するに、銀行という問屋に直接お金を仕入にいけば、その分中間マージンを払わなくて済むので、
銀行・銀行系金融機関は金利が当然少ない会社が多いというわけだ。

point『まずは銀行系の会社からリサーチしょう

②難しい話はご勘弁!低金利の基準とは!

「高金利!」と言われてその消費者金融に足を運ぶ人は、まずいないであろう。
しかし!「弊社は他社より低金利です」と言われたとしても、怪しい!と簡単に納得ができないはずだ。

なぜなら、そもそも低金利の基準というのは、あまり広く知られていないからだ。
お金を借りることは、隣のお宅にお醤油を借りるのと、かなり違うぞ。
「4%だから安い!」「18%だから高い」というだけの浅い知識で広告を信じてしまうと、後々大変なことに繋がる。

金利は、君たちの借金が大きくなってしまうリスクが当然ある。
ここはキャッシングの金利について簡単な知識だけでも得れば、借金地獄は回避できるはずだ。

よく消費者金融の広告を見ると、金利が5%~18%という数字が書いてある。
パッと見ても5%と18%では、かなり違うことが誰でもわかるであろう。

100万円の5%は5万円だが、18%は18万円。4倍近くの違いがあることがわかる。
ジュース一杯で例えると、400円と1,600円では「どんだけ高いんだ!」と思うくらいの価格の差だ。
しかし、金利だけのパーセンテージは、実際に君たちが支払わなきゃいけない金額が、
少し現実味がなくなり、ついつい気軽にキャッシングを依頼する人もいる。

自分がいくら借りたいかを明確にしたら、該当する金利を計算する必要があるぞ。

高い金利の方が君たちが支払う金利

あまり聞きたくは無い事実かもしれないが、基本的によく広告に出ている金利を見て、
「5%なら消費税くらいじゃん!」と考えてしまう人がいる。
すまん、これは私のことだ。若かりし時の私の話だから許して欲しい。

ついつい甘く考えてしまうことが人の常だが、例え1万円を借りても、「5%なら500円だし、なんとかなる!」
と思ってしまった方には、現実を教えさせて頂いた方が良いであろう。

高額融資をして貰う場合の時、低金利の5%が適用されることはあるが、
基本的に、広告に記載されている金利の一番高い金額が、君たちの金利になるであろう。
厳しい現実だが受け入れよう。実際に甘く計算して、借りる時に「18%ですよ」と言われたら、ショックはかなり大きいはずだ。

要するに「少額の融資では、最低金利で借入れ出来ない。」ということだ。

5%~18%という会社と、10%~15%という会社の金利を見た時に、人はどうしても安い5%の方を気にしてしまうが、
少額融資を希望する人は高い金利を比べるようにしよう。

もちろん、貸付業者によって金利の設定は様々だが、概ね高い金利で比較すれば、
君たちが一番リーズナブルな金利でお金を借りることができる可能性はグンと上がるのだ。

pointo『低金利だからと飛びつかないようにしよう

③知られざる1年後の怖い金利の差

最初は1万円からのキャッシングが、あれよあれよと数百万になってしまい、
闇金融から逃げ回っている、という人の話をよくテレビ等で見ないか?

闇金融や違法な消費者金融は犯罪なので、ヒーローの私もまだまだ頑張らなくてはいけない話ではある。

借金地獄になってしまった人達には、色々な事情があるとは思うが、
私が一番に判断するのは「金利の計算」がしっかりと借りる前になされていないということだ。
金利というキーワードには、年利・月利・利率・利子等、少し難しい言葉が出てくる。

お金を借りたい人は「いつか借りられたらいいや~」という時間的余裕がある人は少なく、
どちらかというと、入金までいかに早くできないかと焦っている人がほとんどだ。
しかし、ただでさえ金利の計算はややこしく、リスクの高いキャッシングを焦って行ってしまえば、
闇金融の話ではないが、危険極まりない状況になってしまう。

そこで、誰でも簡単に金利の計算が出来る方法を説明しよう。

簡単な金利の計算方法とは!?

現在の金利の算出方式は年利がほとんどであろう。
金利の計算方法は、まずは年利を基本として抑えれば、スムーズの返済金額を把握できる。

便利なのは10万円・100万円を基準にして計算すれば楽だぞ。

例えば、年利18%という金利は、1年間365日の間に支払う金利という意味だ。

100万円×0.18%=18万円になる。つまり、1月1日に100万円を借りた場合は、
12月31日には118万円にして返さないといけないということになる。10万円の場合は11万8千円。

一度も元本を返さないで金利を支払う場合は、18万円÷12ヶ月=1ヶ月1万5千円の金利になるのだ。

当然、毎月元本を支払えば金利は安くなっていく。

しかし、金利を支払わないと元本+金利になり、どんどん元本は大きくなり、借金地獄に陥る典型的な例だ。

10万円を年利18%で借りて3ヶ月後に返すとする、
その場合は、10万円×0.18=1万8千円(年利)
1万8千円(年利)÷12ヶ月=1,500円
1,500円×3ヶ月(借りた期間)=10万4,500円を返金する。

また、金利は日割りも計算可能なので、一日いくらで計算しても良いだろう。

年利1万8千円÷365日=1日約50円になる。
もちろん、しっかりと金利を払っている状態での話だ。

また、一年でどれくらいの差ができるのかも記載しておく。
年利10%で100万円を借りた場合は10万円だが、年利18%では18万円と倍近くになる。

やはり、金利は安いに越したことはないのだ。

pointo『電卓を叩こう!借入はそれからでも遅くはない

④やっぱり手堅い銀行ローンが低金利?

貸金業者には様々なタイプの会社がある。
避けたいことだが、違法な存在もあるので、本当に気をつけねばならない。

もし、君たちが低金利でのキャッシングで借入をしたいのであれば、最初で説明した通り、
手堅い銀行からリサーチしていくことが一番だ。

しかし、いくら早く借入したいからといって、何社も申し込みをすると、
審査で引っ掛かる可能性は大きいので、ホームページを見てどこの銀行系のキャッシングを利用するのか、まずは1社まで搾る必要がある。

少額融資の場合は消費者金融系の場合は年利約4%~18%が相場のようだ。
しかし、これが銀行系になると、約3%~14%からと比較的、消費者金融に比べてリーズナブルになる。
最高金利を比べても18%と14%では金額は変わってくる。4%はかなり大きい金額だ。

低金利で借りられる銀行系のキャッシングは、やはり人気がある。
しかし、消費者金融に比べて、手堅い銀行系は審査もそれなりに厳しい状況があるようだ。

低金利で申し込みたい場合は、消費者金融と比べて時間が掛る場合もあるから、なるべく早く申し込みを済ませること。
そして、審査に響くような、何社も申し込みをする等は避ける必要があるぞ。

安全・低金利を求められている人は、銀行系が特におすすめだ。
ただし、即お金が必要な場合は消費者金融も検討すると良いであろう。

point『金利1%を馬鹿にすると痛い目みるぞ』

・終わりに

お金を安易に借りてはいけない。
まじめな君たちはそんなこと百も承知のはずだろう。
しかし、世の中にはキャッシングで、身を滅ぼす人がいるのは確かだ。

では聞きたい、この人達は君たちと比べてそこまで適当な人なのか?
私からすれば「違う!」の一言。

お金を借りる人は慌てている人が多く、しっかりと事前準備が出来ていないからだと私は思っている。

慌てる心には、隙が多くなり、魔がさしやすいのだ。

まずは落ち着いて、金利を厳しく計算しよう。
厳しく計算すれば、その後なにが起こっても平気だが、甘い計算は目も当てられない結果になる人がいるのだ。是非、注意してくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>