即日 キャッシング

低金利のカードローンの借入条件は?審査通るのは厳しい?

お金を借りることなら全力で任せて欲しい、キャッシュビクトリーだ。

誰でも品質が良い物を適正価格で購入したい。時代は変わっても経済があり続ける限り、リーズナブルという魅力は変わらないはずだ。
低金利 カードローン

  • 「お金を低金利で借りたい?」
  • 「申し込み方法に懸念点がある?」
  • 「無利息って?」
  • 「本当に金利がないの?」
  • ふむふむ、切実なキャッシングについての悩みは誰でも一緒の様だ。

    今日もお財布事情にピンチな君たちに、できるだけ簡単かつ具体的に、
    ヒーローならではの愛をこめて、キャッシング情報をお伝えさせて頂こう。

    ①審査と借入条件は厳しい?低金利カードローン

    【読みたいことろから読んでくれ構わない】
    審査は厳しい?
    君たちが、ご両親やご親戚からお金を借りないで、
    一人で金融会社からキャッシングをする場合は、大きく分けて2つの業者が該当するはずだ。

    一つはテレビCMでもお馴染みの、消費者金融系の金融会社。「はじめてのアコム」とかだな。
    もう一つは、手堅い銀行が運営している金融商品を扱う会社だ。

    一般的に消費者金融系の金利と銀行系では、後者の方が低金利と言われている。

    お金を借りるということは、いつか返さなくてはならない。
    例え1%の金利であっても、100万円を借りれば、101万円にして返す必要がある。

    消費税が上がった2014年以降、お財布事情は厳しい人が増えている。
    0.1%でも、金利は安い方が当然、借金地獄の危険が少ないと言えるだろう。

    誰しもが「低金利でお金を借りたい!」そう思うはずだが、一般的な消費者金融の審査や借入条件と比べて、
    「低金利のローンはどうなのか?」と心配する人も少なくないであろう。

    低金利ということは、それだけ会社の利益が少ないという事実があるので、借りる側からすると、
    面倒なことを聞かれたり、たくさん書類を提出したり、保証人を求められたり、小難しいことがあるのでは?と、考えてしまう人もいるようだ。
    銀行は個人にとって敷居が高いイメージがあるので、躊躇する気持ちは理解できる。

    お金を借りるということに甘い考えは禁物だが、銀行系の低金利商品だからと言って、
    消費者金融と違い、過度に審査や借入条件が厳しいとは言い切れない。相手も商売だからな。

    もちろん手堅い銀行であるので、回収不能にならないように審査はしっかりと設けられている。
    しかし、銀行系の会社では収入証明書が不要であったり、専業主婦でも借りられる場所もある。

    安定した収入があり、他の貸金業者から多数の借入状況が無い人であれば、大きな障害はない。

    低金利商品だからといって、そこまで消費者金融系と大きな違いはない。
    銀行と言っても、お客さんを増やせるように、敷居を低くしているのが現状のようだ。

    ただし、銀行系の低金利ローンは、融資までに時間が多少掛る場合もある。
    即日融資可能な銀行系をリサーチしつつ、消費者金融系も視野に入れよう。

    point『低金利だからといって、躊躇せずリサーチしよう』

    ②連続申し込みは厳禁!?銀行・大手消費者金融に嫌われない方法

    お金が必要な人にとって、「いつ入金がされるのか?」という不安は尽きないものだろう。
    申し込んだのは良いが、「審査は通るのか?」「最終的に不可になってしまうのでは?」
    と焦ったり、パニックになってしまう人は多い。

    お金を借りるという状況は、あまり時間的に余裕がない場合が考えられる。
    ピンチの時は、普段にできる些細なことを失敗したり、余計な手間がかかり大きな問題に発展する場合もある。

    これからお金を借りるという人は、まず一度落ち着こう。
    そして、キャッシングにおいては、特に「複数の業者に同時申し込みは厳禁!」という事実を知ることが重要だ。

    キャッシングの申し込み段階では、確かに君たちが融資されるのかは確約出来ないものだ。
    この状況はお金が必要な君たちにとって、ストレス以外何物でもないことは、私もよく理解できる。

    融資されるのかわからないのだから、その他の会社にも取りあえず申し込もう!という安易な行動は、
    どこの貸金業者からも相手にされなくなるという、最悪のケースになる場合もある。

    貸金業者は与信管理のプロだ。債権を回収するプロの集団として判断しなくてはならない。
    なぜなら、貸したお金が返って来なかったら、倒産のリスクを背負うことになるからだ。

    少し怖い話だが、君たちが1社でも貸金業者に申し込んだら、その情報は一斉に金融各社に届いている。
    君たちが知らぬが仏で数社申し込むと、門前払いされてしまうリスクが当然高くなる。
    とても重要なことは、気軽にできる「申し込み」を数社しただけで、貸金業者業界にマイナスな印象を与えるという事実だ。

    相手の立場になれば、簡単に理解できるだろう。
    数社申し込みをして断られた人が、自分の会社に申し込みをしてくる。
    一度も融資されていない状況で、全て断られているのであれば、「問題がある人なのか?」と疑わしくなる。

    本当は返済能力があるのに数社申し込みをしただけで、否決されるリスクは避けたいはずだ。

    もし、1社申し込みをして断られた場合は、しばらく申し込みはしない方が良いだろう。
    なぜなら、君たちの申し込み記録が6ヶ月間残ることになっているからだ。

    point『借入申し込みは、まずは1社!慌ててはいけない

    ③長ければ長い程魅力的!無利息キャッシング

    低金利を売りにしている銀行系金融商品は、無利息期間を設定していない場合がほとんどだ。
    しかし、消費者金融系の中には、少額である場合は期日までなら、なんと無利息でキャッシングが可能な会社がある。

    「無利息なんてちょっと怪しい?」と疑った人は危険意識があって宜しい!
    この無利息のシステムをなぜ消費者金融は始めたのか?という理由を明快にすれば、疑いが晴れるだろう。

    消費者金融の利益は当然、金利になる。無利息というのは金利がゼロという意味なので、
    会社からすると金利を払って貰わなくては商売が成立しない。
    では、なぜ無利息なんていう大胆なことをしたのか?それは、キャッシングの敷居を低くする為。

    つまりサービスをして、幅広くお客さんを集客したいからというのが本音だ。

    「最初からがっつり金利を頂きますよ!」と言われた会社と、「30日までなら金利はサービスしますよ!」
    と言われた会社、君たちならどちらが魅力的だろうか?

    現在では比較的、少額融資の場合であれば、安全に無利息で借りられる会社が多数ある。
    ただし、低金利を売りにしていない代わりに無利息サービスという側面もあるので、金利は若干高めになっているようだ。

    無利息キャッシングは期日をしっかり確認して、リサーチしよう。

  • ・5万円であれば180日間(約6ヶ月)無利息で借りられる会社
  • ・50万円の限度額内であれば30日間は無利息で借りられる会社
  • ・無利息キャッシングを繰り返しが可能な会社
  • 無利息キャッシングOKの会社は、初回だけという場合も多い。しかし、中には完済を条件に1週間程度、
    無利息期間が復活する会社もあるので、自分のニーズに合った会社を選ぶと良いであろう。

    point『可及的速やかにお金が必要な人は無利息をリサーチ

    ④まとめ

    一気に大切な話ばかりをしてしまったので、少しまとめてみよう。

    まず、低金利でお金を借りたい場合は銀行系に目星をつける。
    その際、低金利だと言っても、審査や借入条件が特に厳しいという訳ではない。
    もちろん、手堅い銀行なので消費者金融よりは若干、難易度は高いかもしれないが。

  • ・仕事をしている・数社に借入状況がないのであれば、キャッシングは可能な場合が多い。
  • ・銀行系カードローンは、時間が掛る場合もあるので、注意が必要だ。
  • 気をつけねばならないことは、キャッシングは複数社に申し込みは厳禁!

    君たちの行動は、貸金業者間で筒抜けになっている事実を知る時だ。
    しかも、借入実績ではなく、申し込み実績なので安易な連絡は控えること。

    そして、もし少額融資を希望するのであれば、翌日から金利が発生するキャッシングではなく、
    無利息サービスを展開している会社も、目星をつけると良いであろう。
    但し、無利息を設定している為、低金利ではない場合もあるので、金利もよくチェックしてくれたまえ。

    「数社の申し込みは厳禁」「低金利は、まずは1社申し込み」「少額であれば無利息を!」

    この3点を意識しながら、キャッシングを利用するとスムーズに進むはずだ。

    ・終わりに

    金銭のやりとりはストレスが多く掛る。
    それだけ、人にとって根源的な問題だからであろう。

    お金で笑う人、お金で泣く人、様々だが生きている限り、お金の悩みは尽きない。
    特に借りるということは、未来の信用と関わってくるから繊細な問題だ。

    私は常々、バランス感覚が非常に大切だとよく言っているが、「借りる」以上に、
    大切なことは無い!と言い切っている。

    君たちが、お金と幸せを結びたいのであればバランス感覚を忘れないようにして欲しい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>