即日 キャッシング

総量規制キャッシング、銀行カードローン対象となる借入は?

天網恢恢(てんもうかいかい)疎にして漏らさずという言葉を君たちは知っているだろうか?
この言葉、天の網目は粗いように見えて、悪い人は必ず最後は捕まるという意味である。
そうこの世は決めらた規制があり初めて秩序が保たれるシステムに、なっているのだ。

ヒーローの世界も君たちが住む地球も一緒だ。
お金の幸せのことならお任せあれ、キャッシュビクトリーだ。

今日はお金を借りたい人であれば、避けて通れない規制「総量規制」について助言させて頂く。
ちょっと小難しい話だが、具体的・簡単・愛を込めて説明するので是非、聞いて頂きたい。

①借りたい人は無視できない総量規制とは?

【読みたいことろから読んでくれよな】

難しい言葉は私は正直に苦手だ。怪獣をバーンっと倒して、皆に拍手されて、褒められる。
そんな私は法律や横文字を見ると、体が拒否してくる。皆は大丈夫であろうか?

しかし、キャッシングをしたい人は少し難しくても「総量規制」という言葉を理解することがとても重要だ。

なぜなら、君たちがお金を借りたい場合、この規制の対象となると問答無用で「NO!」と言われてしまう可能性があるからだ。
いくら、貸付業者が君たちにお金を貸したくても、法律は守らないと業務停止の命令が下されてしまう。

簡単に説明すると、「総量規制」とは、年収の3分の1を超えるお金は借りられない!という厳しい法律だ。
計算すると、年収400万円の人は、120万円以上の融資は総量規制によって禁じられているのだ。

2010年に「総量規制」は、過度な高金利を受けて自己破産する人を防ぐ為に施行された。
この法律は貸金業者の規制となっている。つまり、貸金業者以外では施行されないということだ。

昔は本来支払う必要のない利息まで債務者に請求していた業者がいたので、このような規制が出来たのだ。
この規制により、過払い金返還請求が重なった貸付業者はどんどん倒産するようになり、債務者は救われた。

現在、「ご利用はご計画的」というキャッチがよくCM等で流れているが、昔は計画的になんて言ってくれなかった。
それだけ、この「総量規制」によって、貸金業者の質が上がったことが証明されている。

総量規制により、年収の3分の1以上は借り入れできないこと、新規で50万円以上借りる人やその他の業者と合わせて、
100万以上をキャッシングが越える場合は、収入を証明する書類を提出する必要があるのだ。

要するに、安易な気持ちで借りるな!度を越した貸付は禁止!という国からのメッセージでもあるのだ。

借金問題は、人の人生を狂わせて時に自己破産や、最悪のケースを迎えることも少ない。
ヒーローである私もなんとかしたい気持ちを持っているが、お金のことはやはり自己責任が重要だ。

さて、この総量規制によって多重債務者は過払い金が戻り、救われた人もいる。

しかし、これからお金を借りたいという人は、この規制が問題となることは少なくない。
どんなに返済能力があったとしても、年収の3分の1以上は借りられない為、借りたい人にとってネックになる。

では年収の3分の1以上の借入している人は、どこからもお金を借りれないのか?
この「総量規制」はあくあまでも、貸付業者を規制した法律なので「対象となる借入」と「対象にならない借入」に分かれている。

point『総量規制は貸付ける側を規制する法律』

②私は大丈夫かな?総量規制の対象となる借入とは!?

規制が無ければ、無法地帯になる。規制があり過ぎても息苦しいばかりだ。

やはり何事もバランス感覚が必要。

お金は借り過ぎは当然いけない、しかし、クレジットは信用という意味もあることから、
自分の未来を信じて、前向きなキャッシングも時に必要だと私は思う。

自分の身の丈に合ったバランス感覚を持ちながら、総量規制のシステムを知り、行動することが良いだろう。
そこで君たちが一番気になっている、総量規制の対象について説明致そう。

基本的に総量規制の対象となる借入は、
「消費者金融」「信販会社・クレジット会社」に該当する借入のことになる。
この2つの会社からキャッシングをして、年収の3分の1以上となってしまうとNGとなる。

意外とこの2つの違いは説明できる人は少ない。ちょっと簡単に説明しよう。

消費者金融とは個人の信用(返済能力・担保)に基づいて、金銭を貸付ける業者。
法律に準じている会社なので、不当な追い込みなどはしないので。闇金融とは180度違うのだ。

信販会社・クレジット会社とは、小難しくいうと、販売信用取引を生業とする会社だ。
便利な後払い可能な、クレジットカードを発行する会社とイメージすればわかりやすい。

よくCMなどをしているアコムや武富士は、消費者金融になる。
信販会社・クレジット会社も、誰もが聞いたことがある、オリックスやアプラスが有名だ。
もちろん、世の中はとても広いので、まだまだたくさんの消費者金融と信販会社・クレジット会社がある。

たくさんの金融商品がある昨今、自分の借入が総量規制に関係しているのか?していないのか?は、
誰でも気になることだと私は思う。

いつでもお金を借りれる能力というのは、間違いなく、生きていく上での自信につながるはずだ。
まずは、これからお金を借りる人も、既に何かしらお金を借りている状況の人も、総量規制なのか?をリサーチしよう。

point『自分の借りている会社をキッチリ調べよう】

③総量規制の対象とならない借入はどんな場合?

総量規制は、借りる側を規制するのではなく、貸付業者を厳しく規制する法律なので、ちょっと安心しよう。
というのは、総量規制という強い拘束力を感じるこの規制には、対象とならない「除外」のケースも多い。

役に立つと思うので、具体的に列挙させて頂く。

「総量規制から除外されるケースの話」

  • ・家を買ったり、リフォームしたりする不動産に関わる貸付(住宅ローン)
  • ・愛車を購入する時の貸付(自動車ローン)
  • ・とても高い医療費の貸付
  • ・株や社債などの有価証券を担保にした貸付
  • ・お家等の不動産を担保にした貸付
  • などが、一般の人でも関係する可能性があるケースだと思う。
    総量規制で借りられない!と聞くと、車のローンや家のローンを考えて「ドキっ!」としてしまう人もいるはずだ。

    大切なので、何度も言うが、あくまでも総量規制は貸す側を取り締まる法律なので、
    「年収の3分の1以上だから無理」と諦めないで、借入状況を調べてみよう。
    総量規制と言っても、最後まで調べる気持ちがあれば、自分が該当するのか?しないのか?ということが簡単にわかる。

    お金を借りる人は、比較的、焦っていている人が多いので、正しい知識・必要な知識が拾いにくいのだ。
    そんなことから、借金問題や闇金にはまってしまう場合もあるのだ。
    まずは知ること、そしてわからなければ人に聞く勇気をもつことが大切。

    そして、いくら総量規制の除外やであっても、借りる時の審査を通るかまでは保証できない。
    それだけは、忘れないで欲しい。

    point『総量規制の正しい知識は後々の勉強にもなるぞ』

    規制と聞くと、あまり良いイメージは持てないのが人間の性でもある。
    私もヒーローだが、光線銃が夜間、まぶしくて不眠症になる人がいるということで規制になったこともある。
    しかし、そのお陰でもっとエコで皆に優しい武器との出会いもあったりするのだ。

    総量規制のせいで、借りれない状況になった人も多いが。
    道が閉じれば新たに道は出来上がる仕組みになっているので、まずは落ち着いて総量規制に挑んで欲しい。

    お金を借りる問題はバランス感覚が何度も言うが重要になる。

    何も考え過ぎもいけない、でも、心配しすぎて行動しないもいけない。
    一番難しいのがバランス感覚だが、たくさんの知識を吸収して、確実に行動を積み重ねれば、大きなダメージになる失敗はない。

    石橋を叩くというよりは、叩いてすぐ進む、叩いてすぐ進んで振返るくらいの感じが良いであろう。

    君たちがキャッシングで今よりも幸せになることを祈ってるぞ!

    総量規制の例外となる借入は?

    「お金を借りるということは、自分を信用するということ」

    「お金に困った!」

    「どう借りれば良いの?」のことなら何でもお任せあれ。

    ここではあえて本当のことを言ってしまうぞ。

    お金の心配や不安は一生なくならない。これが真実だ。
    長いこと、人間の生活を支えてきたヒーローである私が言うのだから、少しは信用できるかな?
    逆から言えば、お金の不安は無くならないからこそ、勉強ができる。そうとも言えるだろう。

    生きて行く=お金 この現実から目をは離さない限り、君たちはお金で失敗しにくい。
    お金には、与える・借りるしかないからだ。

    おっと、冒頭にも関わらず長くなりそうだ、私の悪い説教癖が出てしまった。
    君たちにとって良いキャッシングになるように、具体的に・簡単に・愛をこめて今日も説明させて頂こう。

    ①意外と優しい総量規制の例外の話

    規制って言葉はあまり良い言葉じゃない。

    そう思う人も多いだろう。
    しかし、人は自由過ぎると退屈する生き物でもある。
    例えば、「好きなこと言って下さい」よりも「好きな食べ物を3っ言って下さい」の方が具体的に答えられる。

    つまり、ルール・規制・範囲というのは「自分の状態を明らかにする」という効果があるのだ。

    大切なことは、規制をネガティブにとらえないこと。だが、
    そうは言っても、お金を借りたい君たちに重くのしかかる「総量規制」は無視はできないルールだろう。

    総量規制には、対象となるケースと「除外」「例外」になるケースに分かれている。

    今日は総量規制の例外になるお話をさせて頂こう。
    総量規制の例外のキーワードは愛と優しさだ。君たちもこの話を聞けば理解できるだろう。

    『総量規制の例外ケースとは!?』

  • ・体を壊して緊急手術や治療をする場合の貸付(緊急の医療貸付)
  • ・奥さんと旦那さんの収入を併せた3分の1以下の貸付
  • ・社会的に見て、これは必要でしょ!?と判断できる貸付
  • ・独立をがんばっている個人事業者者さんの貸付
  • ・おまとめろーんや借り換えローンに該当すうような貸付
  • このようなケースは、総量規制の「例外」となる。
    法律と聞くと、お堅いイメージや少し冷たい雰囲気を感じるが、ちょっとホットな部分もある。

    もっと具体的な数字を使ったお話をしよう!
    年収300万円の人が総量規制の「除外」や「例外」のケースでお金を借りていても、
    さらに100万円を借りることができる。

    しかし、総量規制の対象となる場所で50万円を借りていたら、借りられる金額は残り50万円になる。
    もちろん、「審査」は貸主が決めることなので、例え総量規制に除外・例外だとしても融資は受けられるか保証はない。

    簡単に説明してしまったが、お金を借りないと困る人は「例外」「除外」は重要なポイントとなるだろう。

    貸付業者はお金を銀行等から借りて、個人の人に融資をしている。そして、金利を貰い営業しているのだが、
    当然、お客さんに貸せないと利益にならない。しかし、総量規制を守らないと営業は停止される。

    本当は返済能力があるにも関わらず、貸したいのに貸せない状況も起こり、
    借りる側も、返せるのに借りられないというなんともジレンマが起こるような困った状況になる。

    それが一番「総量規制」でネックになる問題であろう。

    法律は施行されてしまった。これからお金を借りたいとういう人は、自分の状況と総量規制の例外をやはり、
    しっかりと確実に調べて行動することが大切だろう。

    point『総量規制の例外に該当するのか知ろう』

    ②新規借入OK!?総量規制対象外での銀行ローン

    最初でお話させて頂いた、「総量規制の例外ケース」は借りたい人には必読の話だ。
    なぜなら、年収300万円の人が100万円しか借りられない状況と、100万円以上借りられる状況は全くこれからの世界が変わるからだ。

    お金を借りるということは、しっかり返済する気持ちがある人に限っては「自分の未来を信じている」ということになる。

    英会話を習う為であってもお金は必要だ。勉強するだけでも、先立つお金は必須のものとなる。
    これからの自分に信じる気持がある人にとっては、借金という言葉ではなくクレジットという言葉がピッタリになるであろう。

    その上で、お金を借りたい人にとって、少しお邪魔になる「総量規制」
    しかし!邪魔が入るからまた刺激になって楽しいことになる側面もあるから、「挑んでみよう総量規制」がキーワードだ。

    総量規制は消費者金融・信販会社、クレジット会社が対象となる。
    では、銀行系のカードローンは対象になってしまうのか?それともならないのか?と考える人も少なくないだろう。

    その答えは、対象外!という嬉しい答えなのだ。

    審査に通るのか通らないかは一度置いておいて、銀行系のカードローンは総量規制の対象から外れている。
    この話を聞いて、一度安心しても良いだろう。なので、まず、お金を借りたい人は、

    1番、銀行系のカードローンをリサーチしよう(但し、申し込みは複数は駄目!絶対!)
    2番目に消費者金融、アコムやプロミスや信販系の会社を検討しよう。

    この順番が本当に大事になる。なぜなら、銀行系は金利は消費者金融に比べて比較的安い傾向にあるからだ。

    年収300万円の人が、
    消費者金融で100万円借りてしまえば、もうどこも「総量規制の対象となる会社」からは借りれないが、
    銀行系のカードローンであれば、その状況であっても法律による規制は考えなくて良いのだ。

    貸付業者も法律違反してしまっては、営業停止などの厳しい国の処置がある為、
    君たちが「総量規制の対象となる貸付」をしているのか?していないのか?は申し込みの段階でわかる。
    そのスピードはヒーローよりも早いので、「もしかしたら、バレないかも?」と思った人は控えて頂きたい。

    君たちが大きく気になるポイントはやはり、新規で借入が出来るのか?出来ないのか?だろう。

    その問題の答えは、残念ながら「わからない」だ。適当に言ってすまん。しかし、それにはちゃんと理由がある。

    しつこく何度も言って申し訳ないが、「審査」は貸付業者が決めることだ。

    君たちがお金を貸す立場になったと思えば、簡単にイメージできるだろう。
    自分が頑張って溜めたお金を貸す場合、いつも適当なB君と誠実なA君どちらに貸すだろうか?

    それはやはりA君であろう。しかし、「総量規制対象外」の話はここからがポイントになる。
    A君は実は銀行から100万円を借りていたことが後々わかってしまった。
    この事実を君たちはどう受け止めるだろうか?「総量規制」はパスしているが、100万円のローンは間違いなくデメリットになる。
    君たちの考えも貸金業者も一緒だ。

    総量規制対象外は、あくまでも法律の話であって、君たちが審査を越えられるのかは業者次第ということを忘れてはいけない。

    point『総量規制は法律の話。借りる前提の話だと理解しよう』

    ③一番良いカードローンとは?総量規制対象外の話

    お金をできるだけお得に安全で借りたいと思う君たちは正常だ。
    これが「もうどこでも良いから貸して」という人に悪魔は囁き始める、そう危険な街金や闇金融だ。

    何事もそうだが、自分で考えてしっかり責任をとる気持ちで生きていかないと良い結果はやってこない。
    調べれば、調べるほど、人は知識が増えて、人として魅力がついてくる。
    お金を借りるということも一つの勉強だ。

    さて、一体どんなカードローンが一番良いのか?

    それはまず金利が適正であることと、総量規制対象外である銀行系カードローンが自然と該当するであろう。
    銀行は貸金業法という難しい法律が関わってこない為、消費者金融とはまた違った、審査方法になる。

    総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の借り入れも期待ができる。
    今日は特別に私がお勧めする、銀行系カードローンをご紹介する。決して回し者ではないので安心して欲しい。

    ・三菱東京UFJ銀行
    ・みずほ銀行
    ・じぶん銀行
    ・住信SBIネット銀行
    ・楽天銀行

    銀行系は金利が比較的安い商品が多い、但し基本的に少額融資の場合は4.6%~14.6%と表記されている場合、
    最後の金利で設定されることがほとんどなので、安い金利での計算は基本的に避けよう。
    もちろん、高額な融資を申し込む場合は適用される場合もある。

    現在は「知らなかった」というだけで、闇金融につかまってしまったり、違法な街金から人生を転落させる人も
    少なくない。どうか、自分には関係ないからと、無関心になるのではなく、

    借金問題は誰でも陥る可能性がある問題という高い危険意識をもって欲しい。
    昔から言う通り、備えあれば憂いなしだ。

    point『安心・安全を指標にカードローンを選択しよう』

    全くお金を借りないで生きることも、堅実で素晴らしいことだと私は思う。
    君たちは、ご両親からお金を借りてはいけない!と言われてきたであろう。

    しかし、私はヒーローだがあえて、ヒーローっぽくないことを最後に言わせて頂きたい。

    お金は借りてもしっかり返せば良いのだ。
    お金を借りたら、金利が貸付業者の利益になる。その利益から税金が支払われる。

    お金をしっかり誠実に低金利で借りて、輝かしい未来に投資をしよう。

    おまとめローンは総量規制対象外なの?

    「情けは人の為にならず」という言葉をご存知だろうか?
    ちょっと寂しい言葉ではあるが、ヒーローの私が言うのだから、信じて欲しい。

    人の為と書いて「偽」となる。

    お金を借りる人は、少しピンチな状況になっている人が多い傾向にある。
    どんなに元気な人であっても、お財布事情はピンチは心にドスンと響くものだ。

    ドライな話だが、貸金業者はお金に困っている君たちを助けてはくれる訳ではない

    しかも、中には悪徳業者や闇金融と関係している輩もいて、危険も多いのが現状だ。

    ここで情けは人に為にならずだ。この言葉を逆手にとって、
    相手も商売なのだと割り切って、君たちも少しドライにキャッシングを考えよう。

    私はお金を借りる専門のヒーロー、キャッシュビクトリーだ。
    時にドライに時にウェッテッィーにバランス感覚で進もう。

    ①総量規制対象外とおまとめローンの関係とは?

    よくテレビを見ていると、数社からの借金を一本化へというCMが流れているのはご存知だろうか?

    最近ではテレビを見る人が少なくなっているので、戦隊ものがテレビで爆発的だった私にとって、
    ちょっと切ない気持ちになってしまうな、年のせいか少し感傷的になっているビクトリーだ。すまん。

    ネットでもキャッシングのCMが流れていると思う、そこに「数社からの借入おまとめ」的な雰囲気を感じた人もいるであろう。
    その通り!かしこい君たちは、わかっているな。

    「おまとめローン」とは、色々な会社から借入している状況にある人の借金を一本化させることだ。
    では、おまとめローンのメリットは何なのか?基本メリットが無ければCMは流さないであろう。

    例えば5社からお金を借りている場合は、単純に考えて、約束の期日に支払えない場合は、
    たくさんの会社から催促の連絡が来るということだ。一社、5分としても25分掛る計算になる。
    借金をしている人は、少し焦っている精神状態の人が多いので、本当は5社なのに、
    5社以上の会社から借り入れているような地獄をイメージしてしまうのだ。

    こんな状態で、まともに働いたりできるだろうか?
    私だったら、借金のことで頭いっぱいで、いつもなら簡単に倒せる雑魚でも負けそうになる。

    おまとめローンを実行すると金利も少し安くなるケースがあり、どんな時でも一つの会社からしか
    連絡が来ないので、借りている人にとったら、精神的な負担が少ない。

    しかし、デメリットがない訳でもない。

    相手は多重債務者を救うという慈善事業者ではないことをお忘れないように!

    たくさん借金している人は救われた気持ちになるかもしれないが、相手は回収のプロだからこそ、君たちを選べるのだ。

    君たちの借金を一つにまとめるということで、不動産の担保を要求してきたり、公正証書を組まされたりする人もいる。
    その結果、さらに悪い状況になってしまう場合もあるので、気を付けよう。
    以上が簡単な「おまとめローン」の説明だが、市町村で無料で弁護士の先生も相談にのってくれる場合もあるので是非、相談してみよう。

    そして、お金を借りる人の気になる「総量規制」と「おまとめローン」の関係を話させて頂こう。

    ちょっと難しい言葉で、総量規制例外貸付条項という言葉がある。
    私は、こうゆう長く漢字の羅列が苦手だが、とっても大事なルールなので皆もなんとかついて来て欲しい。

    おまとめローンは、条項に記載されている「顧客に一方的な有利になる乗り換え」「段階的に債務を減らす乗り換え」のケースは、
    消費者金融等の貸金業者でも総量規制の制約を受けないとなっている。

    うう、やはり難しいな。そう!つまり、消費者金融に年収3分の1以上の借入があったとしても、おまとめの融資は可能ということだ。

    但し、法律の許可が出ても、審査が通るかどうかまでは、保証はない。
    そして、もう一つ、「借金一本化」を名目におまとめローンを誘う悪徳業者が多いので、ヒーローの私も頑張るが君たちも用心してもらいたい。

    point『おまとめローンはメリットとデメリットを把握しよう』

    ②「私だって働いているのに!」専業主婦の新規借入

    「ちょっと待って総量規制って、私はどーなんのよ!」という声が聞こえてきそうだ。
    この方達は毎日、大変な思いで家庭を支える為にがんばっている主婦の方々であろう。

    流石に怪獣に強い私でも、女性、そう主婦の方々には弱い傾向がある。ここはジェントルマンになり切って説明致そう。

    本来、総量規制は年収の3分の1以上は借りられない人と規定されている。
    しかし、そうなると、専業主婦は実質、収入は無いので、借りられないということになってしまうのだ。

    安心して頂きたい。

    もしあなた方が、専業主婦であっても、旦那さんに安定した収入があれば基本、問題ないのだ。

    しかも、銀行系カードローンであれば、総量規制対象外になるので、主婦の方でも貸付可能なのだ。
    また、家族に基本的に借りていることがばれずにキャッシングできるので、少し主婦の方も安心したであろうか?

    もちろん、お金を貸す側は、返済能力がゼロの方には貸せる訳がないので、旦那さんの安定した収入が基本であることは注意が必要であろう。

    主婦業は大変だ。どんなに頑張っても、お金を頂ける仕事と違って、世の評価を受けにくい現状は否めない。
    しかし、主婦業は私は家の太陽の役割だと信じている。
    旦那さんの収入であっても、主婦業を立派にしているあなたは、やはり、堂々と借入できる権利があるのだ。忘れないで欲しい。

    point『主婦業も立派な仕事だ!借りる権利はある』

    ③孤独で頑張る個人事業主の総量規制

    仕事をしている人は、全員、サラリーマンだけではない。

    独立して本当にがんばっている人もいるのだ。サラリーマンも、もちろん頑張っているだろう。
    しかし、今日はヒーローの私も少し独立している人をひいき目に話させて頂きたい。

    まずは、一人の力で世に役立とうとしている個人事業主さんは素晴らしいと思う。
    私の座右の銘は「独立独歩」だった。現在は「独立速歩」になろうと必死だが、
    個人事業主さんで一番大事なことはなにか?と聞かれればきっと即答してくるであろう。

    信用?絆?愛?誠実さ?もちろん大事だ。
    しかし、この言葉になるだろう「資金」だ。つまりお金だな。

    商売人にとって、お金は体に例えると、血液みたいなものだ。
    無くなってしまえば、たちまち倒産という命の危険にさらされてしまうのが現状。
    そんな中、たくましくお仕事に励んでいる、個人事業主さんを褒めさせて頂きたい。

    2010年「総量規制」は施行された。その時に個人事業主さんは、血の気が引いたのではないか?
    「年収の3分の1以上は借りれないだって!」と。

    もし君たちの中に個人事業主さんがいて「総量規制」で安心したいのでれば以下を参照して欲しい。

    またまたまた、小難しい話を不本意ながらするが、

    総量規制条項には、個人事業主の規定が定められていて、年収の3分の1以上の借入があったとしても、
    一定の条件を満たせば、貸付は可能なのだ。良かったと一安心して良いだろう。

    この気になる条件とは、事業・収支・資金計画をしっかりと誠実に貸金業者に提出すれば、
    個人事業主は、総量規制を気にすることなく、商売繁栄の元であるお金を借りられますと言っている。

    何度も言っているが、貸すOKは、お金を貸して商売にしているサービスする会社なので、
    とうぜん返済能力が無いと判断されれば、審査は通らないので、ゆっくりと確実に行動しよう。

    point『がんばっている独立心は報われる』

    まじめで頑張り屋さんだから、良い事があるわけではない。
    特に日本人は、ほとんどの人がまじめなので、その点は安心して欲しい。

    それよりも、受け身で行動しないことだ。
    特にお金の問題は、後手後手の動きだと、金利が掛っていまう問題があり危険だ。

    一歩前へ。たくさんのお金を借りる上でのキーワードを私は発信しているが、
    常に大事な要素は一歩前が原則だ。ムーブメントを起こす気持ちでキャッシングを利用しよう。

    一歩後退は利息払うハメになり、一歩前進は元本が減るシステムになっている。
    このことを忘れずに、お財布事情・台所事情をドカンと解決してしまおう。

    銀行カードローン保証会社が消費者金融の場合総量規制の対象?

    お金をうまく借りられるのか?借りられないのか?
    これから、借りる人はとても不安な気持ちになっているだろうと思う。

    「変な会社から借りたらどうしよう?」
    「本当に返せるのか不安だな、」
    「私でも審査が通るのかな?」

    もしかしたら、人の最大のストレスは「お金を借りる時」と判断しても良いかもしれない。
    自分という存在が、社会からどのように評価されていることをリアルに判断されるのが、
    お金を借りるということだからだ。

    そんな君たちに少しでも「お金を借りる」という心の負担を無くしたい、キャッシュビクトリーだ。

    難しい言葉は簡単に、そして具体的に、愛を込めて今日もお金について説明させて頂こう。

    ①銀行の保証会社が消費者金融なら、総量規制はどーなる?

    ここでは冒頭から、少し難しい話をしてしまう。
    完全なる肉体派の私は、文字を見ると、眠くなる癖がある。
    そんな私が、説明させて頂くので、君たちもしっかり聞いて欲しい。

    総量規制対象外の話は、お金を借りたいという人であれば、一度は聞いたことがあるはずだ。
    基本的に消費者金融・クレジット会社、信販会社からの借入は、年収の3分の1となる規制の話だ。

    しかし、それでは年収の3分の1以上を借入して、なんとか生活をしている人はどーなるの?という問題が起こる。

    借りたお金を返す気持ちが無い人は論外だが、一生懸命でも、ギリギリの生活でがんばっている人の立場は守らなくてはいけない。

    そこで、総量規制には対象外となる「除外」「例外」の条項が定められている。
    銀行系カードローンは、消費者金融系とは違い、総量規制対象外となるので、人気があるカードローンだ。

    しかし、ここで一つ疑問が生じる。
    銀行系のカードローンでも、その銀行の保証会社が、消費者金融系であった場合は総量規制にならないの?というつっこみだ。
    なかなか鋭い、賢い人の気になるところだと思う。キャッシングは細かいリサーチが重要なので、この姿勢は素晴らしい。

    銀行には保証会社がついているという事実を知らない人も多いのではないか?

    お金はいくら金利を貰っていても、元本を回収しなければ倒産してしまうケースもある。
    そんなことから、銀行は債権回収のプロと契約して、自分達の保証会社にしているケースが多いのだ。

    消費者金融は昔から、担保でお金を貸していた場合もあるが、それよりも「人」に貸してきた歴史がある。
    銀行は法人や事業を起こしている人に貸して、消費者金融は個人に貸してきたのだ。

    つまり、個人に融資するプロの集団が消費者金融という訳だ。

    気になる保証会社と総量規制の関係だが、

    例えば、三菱東京UFJ銀行にはアコムが保証している。三井住友銀行には、プロミスだ。
    まだまだ、あるが、銀行と消費者金融のコンビと考えればわかりやすいであろう。

    この消費者金融の存在が君たちは気になっているのであろう。
    基本的に、銀行の保証会社が消費者金融であっても、総量規制対象になる訳ではないという事だ。

    それは、法律から考えれば簡単に理解できる。

    銀行は銀行法という法律の準じて貸付業務を行っているが、
    消費者金融などは貸金業法に準じて貸しているのだ。総量規制は貸金業法に適用されるので、そもそも銀行とは基本が違う。

    少しややこしいのは金融商品の名前が原因であろう。

    ①三井住友銀行カードローンと②三井住友銀行グループモビットこれはどちらが、総量規制の対象になるのかわかるだろうか?

    同じように、三井住友銀行と入っているので、両方とも対象外とは一瞬、勘違いしやすい。
    しかし、回答は②である。①は銀行が母体となって販売している対象外であり、②は消費者金融が運営しているので対象となる。
    銀行と書いているけど、名前の横に「ファイナンス系」の雰囲気が記載されている時は消費者金融である可能性がある。

    これは少し、注意が必要だが、わからない場合は事前に銀行に問い合わせるなり、積極的なアプローチを心がけよう。

    point『銀行法or貸金業法かが分かれ目だ』

    ②総量規制対象外だからと甘い考えはどこも貸付不可?

    年収の3分の1以上は借りられない法律である「総量規制」。
    しかし、この法律は消費者金融といった貸金業者を取り締まる規制だ。

    そこで、総量規制対象外となる銀行系カードローンは人気がある訳だが、
    残念なことに、いくら総量規制対象外であっても、審査が通るわけではない。

    ここの部分を誤解している人はとても多いので注意が必要であろう。
    総量規制は国が決めた法律であって、貸付側の会社が決めたルールではないのだ。

    数社からお金を借りている多重債務者の人は、総量規制対象外である銀行系カードローンに、
    期待するようだが、実のところは、銀行に審査が通らないケースが多いのだ。

    銀行は独自のスコアリングシステムという、ちょっと変わった名前の自動システムで、
    君たちが申し込みを受けると、「返済能力があるのか?ないのか?」を判定する

    個人情報の観点から考えると、とんでもないシステムだと憤りを隠せない人もいると思うが、
    このスコアリングシステムは合法で成立している。

    個人信用情報機関・個人信用情報を収集して、初期審査でヒアリングした年収・年齢・勤務地・
    勤続年数と合わせて、融資するのか決めているのだ。

    このような状況の中で、数社から借入している人は、総量規制対象外の銀行系カードーローンであっても、
    必ず借りられるわけではないという事実をまずは受け入れる必要性がある。

    しかし、そんな人に朗報な話がある。

    一部の銀行が提供している、「おまとめローン」「借り換えローン」では、借入られる可能性は比較的上がるようだ。
    借金の金額が下がる訳ではないが、金利は下がる傾向があるので、多重債務者の人が利用を考えても良いだろう。

    「おまとめローン」「借り換えローン」は総量規制の対象外なので、安心してリサーチしてみよう。

    point『総量規制対象外と言っても確実に借入可能ではない】

    ③クレジットカードの総量規制はお金or買物かが論点だ!

    昔とは違い、本当に便利な時代になったものだ。
    今では、電車にのれば切符は買わなくてもスムーズに乗れて、コンビニで買物すればお財布ケータイでピッで終了。

    はるか昔の人と比べたら、現代人は自分の時間をもつ権利を与えれている新しい人種なのかもしれないな。

    劇的に効率を生んだツールと言えば、最高のお金の代わりとなった、やはりクレジットカードであろう。

    今は持っている人はいないというくらいの復旧率だ。
    クレジットカードが後払い・借金という大切な要素を理解していれば、こんなに便利なものはないであろう。

    クレジットカード1枚あれば、お金を限度額までキャッシングができる。
    もちろん、過去にカードで支払う不能になっている人は難しいが、問題が無ければスムーズに借りれるだろう。

    では、総量規制とクレジットカードは関係していないのか?

    その答えは、思いっきり関係しているのだ。クレジットカードは総量規制に対象となる。
    これから、お金を借りようと思っている人は、注意して頂きたい。

    しかし、クレジットカードのショッピングは総量規制の対象ではないので安心して欲しい。
    あくまでも、お金を借りるということだけ、規制が関係している法律なのだ。

    point『総量規制はお金はNG!お買い物はOKがキーワード』

    ④ヤミ金融は犯罪!でも総量規制はどうなる?

    これだけは覚えて欲しい。

    ヤミ金融はヤミ金融の姿をしている人はいないということだ。

    君たちは、なぜ犯罪である、ヤミ金融に巻き込まれる人が後を絶たないのか気になったことはないか?
    その答えは簡単だ、相手は人をだますプロの集団であることを善人である君たち、知らないからだ。

    詐欺師は詐欺師に見えないように工夫をする。
    泥棒も泥棒だと見えないように工夫をする。
    悪魔は悪魔に見えない工夫をする。悪魔に見えてしまえば、獲物から逃げられてしまうからだ。

    ヤミ金融が最も嫌いな言葉は「ヤミ金融」である事実に気づく必要がある。

    総量規制によって、借りられない人が増えた側面もある。
    どこもかしこも貸してくれない人は、少し怪しいかな?と思っても、自分だけは平気な気持ちになってしまい、
    あっという間にヤミ金融に骨のズイまでしゃぶられる恐れがある。

    闇金融と聞くと、ヤクザさんのような雰囲気をイメージする人がいるが、決してそんなことはないので気を引き締めよう。

    総量規制は法律だ。ヤミ金融は法律で取り締まっている犯罪グループなので、規制もなにも無い。
    とにかく、近づかない。債務の返済に困ったらなら、まずは市町村で無料で行っている弁護士の先生に依頼しよう。

    point『絶対なる社会悪であるヤミ金融に近づかない!』

    ⑤まとめ

    口数がとても多い私なので、ズラズラと長く話してしまった。
    しかし、これも君たちにお金を間違って借りて欲しくないという想いで言っていることを理解してくれれば幸いだ。

    今日のお話は「総量規制」についてだったので、少しまとめてみよう。

    ・銀行の保証会社が消費者金融系でも、総量規制の対象になるわけではない。銀行法か貸金業法かをリサーチしよう。
    ・総量規制対象外であっても、銀行は融資してくれる訳ではない。おまとめローンを視野に入れよう。
    ・クレジットカードは現金を引き出す場合は総量規制の対象になる。ショッピングは平気なので安心して欲しい。
    ・ヤミ金融は問答無用で近づかない。返済に困ったら、まずは国の救済処置を検討しよう。

    ・終わりに

    お金は大事だ、この言葉は君たちがオギャーと生まれた時から、今に至るまでずっと言われ続けていたはずだ。
    お金は尊い存在である。しかし、君たちは普段からこの言葉を意識して生きているだろうか?

    一度、胸に手をあてて考えて欲しい。

    店員さんにお金を渡す時に、丁寧に渡しているか?まさか投げるようなことはあるまいな?
    お金が汚い等の悪口は、まさか言ってはいないだろうな?

    ちょっと厳しい口調になってしまったが、

    お金は大事だが、本当に大事にしている人は少ない。
    誰だって親切に愛をもって接してくれる人が好きだ。

    お金も一緒だ。
    お金から愛されるようなキャッシングをしよう、優しい君たちに喜んで飛び込んできてくれるだろう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>