即日 キャッシング

おまとめローン金利過払いや詐欺などで損しないための利用方法

お金の相談、そう!特に借りることならぜひ、私に聞いて欲しいキャッシングマンビクトリーだ。

借金の悩みは深刻な問題に発展しかねない。

君たちがよく見るヤフーニュースにも、お金の話は多いはずだ。
それだけ人の関心を集めるのがお金の力なのだ。

いくら正義の味方でも、お金が尽きてしまえば、なにもできなくなる。
ヒーローの武器もバイクも買えないのだ。

君たちも私も、お金で苦労しないためにしっかりと勉強することが大切だ。

そこで今回はよく聞く「おまとめローン」についてお話させていただこう。
特に多重債務を抱えている人は重要な話になるので、心して聞いた欲しい!

そもそも「おまとめローン」ってなに?

おまとめローンって何?
キャッシングなんておシャレな名前になっているが、借金のことだ。

当然かもしれないが、借金は利息が加算されていくので、寝ていただけではどんどん膨れ上がってしまう。

そんな気をつけないと怖い借金問題は、時に君たちの正常な判断を奪ってしまうこともあるのだ。

多重債務の人は仕事に集中ができなかったり、不安な状態でイライラしてしまい、日常の生活に支障をきたす人も多い。

そんな多重債務を抱えている人に「おまとめローン」は存在していると言っても過言ではない。

簡単に説明すると、数社から借入している借金を一つの会社にまとめることを「おまとめローン」というのだ。

一見、借金が少なくなるような錯覚の陥るが、おまとめローンで減額されることはないので注意すること!

借金そのものの金額は減らないが、おまとめローンは金利が下がる可能性も十分にあり、
また債務整理ではないため、信用情報に傷がつく方法ではない。

その点のメリットを考えて、複数の消費者金融から借入している人がおまとめローンを利用しているようだ。

おまとめローンで損をしてはいけない!

数社から借金をしていた人が、一本にまとめた場合、少し安心した気持ちになるかもしれない。

しかし!「おまとめローン」はしっかりと計算しないと、利息が高くなったり、支払い総額が高くなったりと、損をしてしまう場合もあるのだ。

それでは、まとめた意味がないではないか!と突っ込みたくなるであろう。

多重債務者は借金のことだけで頭がいっぱいなの、細かい数字まで調べられない場合も考えられる。
やはり、自分だけではなく冷静な判断ができる人と決めたほうが良いであろう。

おまとめローンをする場合は、返済期間と金利、支払総額をチャート式にしたもので計算することをおすすめする。

よくある詐欺のパターン 

おまとめローンを希望している人は、厳しく注意して欲しいことがある。

それは詐欺だ!

犯罪は決して許すことができない私だが、残念ながらおまとめローンをしようとして詐欺にあう人は多い現状がある。

お金を守るヒーローとして、まだまだ私も頑張らなくてはいけない、、、。

おまとめローンは複数の金融会社から借入している状況の人が、一本に借金をまとめることだ。

多重債務者の人は、会社ごとに催促の電話がきたりするので、精神的に追い詰められる傾向にある。
借金が1社になれば、連絡は当然、一社になるため藁にもすがる思いでおまとめローンを求めるのだ。

しかし、そんな人の気持ちを逆手にとり、犯罪者は狙っている。

一体どんな手口で詐欺にあうのか今回、説明するのでぜひ注意してくれ!

まず詐欺をする奴らは、大手の消費者金融を装ったりして、おまとめローンに興味がある人を甘い言葉で誘う。

連絡をしてきた多重債務者に対して、債務者の信用を調査するという名目で、他の貸金業者から借金をするように指示をされるのだ。

通常、この時点で気づくことが出来そうだが、借金だらけの人はパニックになっていることが多く、正しい判断ができにくい状況なのだ。

そして、その借りたお金を証拠金として、送金するように連絡が入る。

送金の確認ができれば、信用があるということを確認できるので、おまとめローンの融資と預かったお金を返金すると説明を受ける。

しかし、その後、返金もされず、融資もされず、連絡も一切ない。

これが奴らのおまとめローンの手口だ。

借金をまとめるつもりでいたのにも関わらず、さらに借金がふくれてしまうのだ。
こんな詐欺を許すわけにもいかないが、実際にあった手口なのでぜひ、厳重な注意を心にしてもらいたい!

おまとめローン金利高くなり失敗するケース

せっかく借金をまとめて、金利が高くなってしまえば、意味がない。

金利が高くなれば、それだけ借金が増額したこととあまり変わらないのだ。

もし君たちが、おまとめローンをする場合は本当に注意して細かく計算をして欲しい。
またぜひ、おすすめしたいのが冷静な判断してくれる人を必ず、そばにいてもらうことだ。

市町村で無料に相談にのってきくれる弁護士や税理士の先生でも良い。
とにかく一人で、おまとめローンを決めることだけは絶対に避けることが重要だ。

少し熱くなって説明してしまったが、ここからはおまとめローンで金利が高くなってしまうケースを、説明させていただこう。

おまとめローンで失敗してしまう一番の理由は、自己分析を怠ることだ。

自分が何社から借金をしているのか?

どのような借入状態なのか?利息はいくらで、総額はいくらなのか?借入利率はいくらか?毎月の返済額はどれくらいか?

この上記4点をしっかりとまず把握することが最重要項目になる。

一つ一つの借入先の金額を算出して、おまとめローンの条件と金利を比較すれば、一目瞭然!

数字に嘘はないので、しっかりとその差が計算できる。

つまり、現状を正しい数値で計算することができれば、本当におまとめローンをする必要性があるのか?という単純なことが即、判断できるのだ。

返済の催促の電話は減るかもしれないが、借金が増額してしまってはやはり無意味。

それであれば、返済の催促が多いまま、現在の複数社から借り入れしている状態のほうがまだマシなのだ。

おまとめローンは現状分析をすれば、借金が増額するリスクは減るのでぜひ、気をつけて欲しい!

金利は低いが返済総額が多くなるケース

まだまだ「おまとめローン」の話は続くぞ。
それだけ、失敗する人が多いので、口酸っぱく説明させていただく。

今度は、おまとめローンをして金利は低くなったものの、返済総額が増えてしまった人の例だ。
この失敗例も、なんのためにまとめたのかと、苦しくなる問題であろう。

たとえば君が3社から借金をしていて、毎月1万円を返済していたとする。

おまとめローンとはこの3社を1社にまとめることだから、その1社に返済すればOKなわけだ。

とても単純な話、このまとめた1社に2万円を返済すれば、1万円ほど楽になる。

3万円返済していたのに、2万円になれば精神的にも物理的にも気軽になるのは当然だ。

しかし、毎月2万円の返済額になったということは、その分、返済期間が長くなるということだ!

つまり、一時的に金利が安くなり喜んでいたのもつかの間、返済期間は長くなり、当然、金利はかかっているので、結局、総合的な借金は増加しているのだ。

これがおまとめローンで返済額が多くなる人の問題の一つだ。

しかし、その点がしっかりと理解している人であれば、使えないおまとめローンではない。

なぜなら、早急に複数の金融会社に返済しなければブラックリストにのってしまう人は、多少借金の総額が増えても、毎月の金利と返済額が低ければ有難いという人もいるはずだ。

たしかに、借金の総額は増えたとしてもこのままでは、ブラックリストにのってしまうのであれば、おまとめローンにしてリスクを回避するのも一つの手だと判断しても良いであろう。

しかし、おまとめローンをすることで少しでも金額的に特をしたいと考えている人は避けることをおすすめする。

「おまとめローン」について、ご紹介させて頂いたが、どうだったであろうか?

ヒーローがこんな言いかたをしては、問題かもしれない、、、。

しかし、あえて言わしてもらえば借金に淡い思いを抱かないことが重要なのだ。

おまとめローンも一見は金利が下がることや、毎月の返済額が減額されるなのどのメリットがある。

たしかにその事実はあるが、借金の総額が極端に減額されるわけではないのだ。
たくさんお金を借りている人は藁にもすがる思いかもしれないが、やはり、借金は厳しい現状があるのだ。

気を引き締めていこう!

とても大切な話なので、もう一度「おまとめローン」のポイントを説明しよう!

①金利が高くなったり総額が増えたりするリスクがある。
②詐欺や犯罪者が多重債務者を狙っている可能性も高い。
③しっかり計算しないと大きな損をする可能性がある。

以上になるが、やはり甘い言葉や甘い計算は自分の首を絞める結果につながる。
甘い言葉はあなたの愛する人のためだけにしよう!特に借金問題は禁止だ!!

借金問題は、心に酷く影響をあたえる。

おまとめローン お金借りる
健全な考えや答えを思考できなくなる、、、それが借金問題の苦しみだ。

現に借金から解放された人は言う、「なぜ自分がここまで借金を抱えていたのかわからない、、、」と。

君たちのお金を守るヒーローキャッシュビクトリーだ。

今回のテーマは「おまとめローン」についてだ。
おまとめというネーミングはとても良い響きだと思わないか?

スッキリ爽快な感じがするのは私だけではないはずだ。

現在、多重債務で苦しんでいる人は、きっとおまとめローンが心地よい響きに聞こえるはずだ。
しかし!おまとめローンはデメリットがない借金の一本化ではない!!

そこで私がおまとめローンで失敗しないためのお話を紹介させて頂こう!

おまとめローンで騙されるな!審査通過後店舗で債権整理を勧められたら注意

複数の借金で困っている人は、「おまとめローン」をなにかの救出措置だと勘違いしてしまうことが多い。

期待しているなら申し訳ないが、おまとめローンにはメリットとデメリットが存在しているのだ。
複数の借金が一本化することは一見、うれしいため息をつきたくなる。

しかし、支払総額が増えたり、金利が上がったりすることもあるので、注意が必要なのだ!
もし、君たちが「おまとめローン」をしたい場合はしっかり現状を分析することが重要だぞ!

また、多重債務に苦しんでいる人が考えるのは「債務整理」だ。

借金に苦しんでいる人であれば、一度は債務整理が頭によぎったことはあるかもしれない、、、。

そう、債務整理とは弁護士や司法書士などに依頼をして、金利をなくしてもらったり、
借金の金額を減らしてもらったりすることだ。場合によっては、支払ったお金が戻ってくることもある。

これを聞いて、良いことづくめの債務整理と思っただろうか?

しかし、債務整理の最大の問題はブラックリストにのってしまうこと、、、。

今よりも確実に借金で楽にはなるが、社会的信用は5年間傷ついてしまうことになる。
もちろん、債務整理しても5年以上経過すれば末梢されるが、その間はローンを組んだりすることはできない可能性が高い。

その点が債務整理の懸念点といえるだろう。

債務整理はブラックリストにのるから嫌だ、でも、毎月の負担を軽くしたい、、、
そこで、「おまとめローン」に脚光が浴びたのだ。

ここからが「債務整理」と「おまとめローン」を考えている人にとって、特に重要な点なので、心して聞いてくれよな。

自分で借金を把握して分析しきって、メリットが十分にあるのであれば、「おまとめローン」はするべきだ。

「おまとめローン」は通常、銀行系での審査が必要になってくる。

審査がOKになって喜んでいたところ、「債務整理」をすすめてくる人がいたら注意してくれ!

なぜなら、「おまとめローン」では手数料が稼げないため、多少、強引に債務整理に導こうとする奴らもいるからだ。
悲しい事実だが、この世の中には自分さえ良ければOKという人がいるのだ。

もし、「おまとめローン」の審査がパスしたにもかかわらず、債務整理をすすめられても簡単にのってはいけないぞ!

おまとめローンのメリット得するのは消費者金融で多重債務に陥ってる時

とてもシンプルな話だが、「おまとめローン」のメリットは、
複数の借金を抱えていて、整理できていない状況が改善することや、金利が低くなり毎月の負担額が減ることだ。

たとえば君がA社B社C社D社から、借金をしたとする。

当然、各社、返済日も金利も催促の電話の仕方でさえ違うはずだ。

こんな状況で、人がまともな精神状態で仕事に集中できるであろうか?
仕事をしなければ、借金は返せないのに、、、。

どんなに強い私でも、借金のことばかり気になっては仕事に集中できない!

その点、「おまとめローン」は返済日も一定、連絡する会社も1社のため、頭はスッキリしそうではないか?

現状の精神状態がこれ以上、悪くならないために、「おまとめローン」をする人もいる。

もちろん、おまとめローンは審査に通過しなくてはならないなどの問題がある。

しかし、複数社から借りていたときよりも、毎月の負担額が減るということは大きなメリットと判断できるのではないだろうか?
以上の話からわかる通り、「おまとめローン」とは多重債務者を対象としているサービスだ。

一つ一つの会社に支払っている場合、時間もエネルギーもたくさん必要になる。
たとえば、4社から電話が掛ってくるエネルギーは相当なものになるはずだ。

また、「おまとめローン」は債務整理と違い、ブラックリストにのらないから安心ともいえるだろう。

ただし、ブラックリストにはのらないかもしれないが、消費者金融には「おまとめローン」をしたことは、知られてしまう点は覚悟しよう。
おまとめローンをしてほっと安心しても、その後、審査を断られることは十分に考えられる。

厳しいことをいうが、お金を貸すのは貸す側の自由だからだ、、、。

「おまとめローン」は多重債務者にとってメリットは多いかもしれないが、その状態にまで陥っていない人であれば、気軽に検討することは避ける必要があるであろう。

悪いお金との円(縁)を切ろう。

借金というのは、本当に怖いものだと君たちは思わないだろうか?

たとえば、コンペイ糖というお菓子がある。

コンペイ糖は、小さな粒からはじまり、材料である砂糖とかき混ぜるだけでみるみる大きくなるのだ、、、。

借金もそれと非常に酷似している。

最初は小さな借金があっという間に大きな金額となって、君たちの背中にドン!とのりかかるのだ。

君たちもよくニュースなどで聞いたことがあるはずだ。

「最初は軽い気持ちで1万円を借りました」や「すぐに返す気持ちでした」などの言葉だ。

この言葉は親戚や親からも借りることができず、最後は闇金融に手を出して自殺寸前まで陥ってしまった人の言葉だ。

最初から高額なお金を貸す消費者金融はない。

彼らも商売なので、借りたい人の信用を見つけて利息をもらうために必死で生きているのだ。

もちろん、借りたい人がいなければ商売ができない。

やはり、借金からは早く足を洗う気持ちが重要だ。
つまり、借金はあまり君たちに良い影響を与えるお金ではないということだ。

とある金融漫画の主人公の台詞はこうだ。

「消費者金融を利用する会社は早かれ遅かれ倒産することになる」

怖い言葉だが、ある意味、真実をついているのかもしれない。

自分が会社では無いから関係ないなんて言ったら、問題だぞ!

借金をする場合は、本当に必要なのか?

このお金が将来のためになるのか?

一時的な欲を満たすためだけになっていないか?

もっと計算すれば、借金をせずに済むのではないか?

そう、お金について考えることがとても重要なのだ。

人は死ぬまでお金が必要になる。あまりヒーローがこんなことを言ってはいけなのだが、

三途の川に賽銭はいらない。

しかし、君たちがこの世から旅立ちのときに、寝ているベッドや布団にはお金がかかっている。

人はどこまでいっても、お金を縁が切れないのだ。

それであれば、なるべく早く借金というあまり良いイメージがないお金と縁を切ることのほうが賢明ではないか?

正直にお金にスマートな人はかっこ良いと私は思っている。
少し厳しいことを言うが、借金を繰り返す人は他人から心配されているのだ。

もちろん、人により状況は様々なので、いちがいに借金=悪いお金とは言えることではない。

借金は恥ずかしいことではないが、お金に振り回される多重債務者になることは決してないように、
これからも良いお金を意識して行動して欲しいと真に願っている。

【まとめ】

「おまとめローン」についてと、私のお金に対する考えをご紹介させていただいた。

いかがだったであろうか?

「おまとめローン」は債務整理などをすすめられたら注意が必要であり、
やはり多重債務者の人ではないと、あまり大きなメリットはないといえるであろう。

そして、最後に私のお金に関する考えを少し厳しめに伝えさせてもらった。

自分がなぜ借金を必要としているのか?という疑問は非常に大切になる。

自己分析を怠ると人はついつい、楽なほうへ進んでしまう生き物だからだ。
ヒーローである私もお恥ずかしながら、やはり楽な道は好きだ、、、。

今、借金を抱えている人もこれから、借金を考えている人も、まずは現状を分析してから行動をすることを強くおすすめする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>