即日 キャッシング

自営業でもキャッシングできる?個人事業主の悩み、正社員より厳しい審査の実情

お金の悩みは人生の悩み、どんなことでも相談にのるぜ!キャッシュビクトリーだ。

私はヒーローとして戦っているあるせいか、甘えている人があまり好きではない。
そう、いつでも、どんなときでも一人で最後まで戦う人を本当に尊敬している。

もちろん仲間も大切な存在だが、独立心がない人は愛する仲間を守れることも事実なのだ。

そこで、今回は一人で立ち上がった「自営業の人」とキャッシングについて色々と書かせていただいた。

人は一人だと不安で苦しいときもある。

しかし、その状況のなか、不安と闘っている自営業の人はすごいと思う。

そこで「自営業の人でも借りることはできるのか?」を中心にご紹介させていただこう。

会社で一番、大切なものはなにか?と聞かれたら君たちはなんて答えるだろうか?

愛、優しさ、人間関係、、、もちろん、それらも重要だと私は思う。
しかし、一番大切なものはやはり「お金」なのだ。

特に自営業の人からしたらお金は血液と同じくらい大切なものだ。
商品を仕入れるのにもお金、従業員を雇っているならお金、経費もすべてお金がかかる。

コピー一枚からお金がかかるのだ。

この辺は、サラリーマンとは違う意識が多いのではないか?

自営業の人が苦しむ資金繰り。

お金は天下の回りものというくらいだから、潤滑なお金の流れが大切になる。

自営業の人は、お金がなくなってしまえば即、倒産のリスクがあるのだ。

しかし、いつでもお金を借りられる状況があれば、商売に精をだすことができ、その結果、お金をたくさん儲けられることも夢ではないはずだ。
昔は自営業では、なかなかキャッシングをすることは難しかったが、現在では借りることができる状況が多くなった。

借りることはできるのだが、問題が簡単なわけではない。

やはり会社に勤めるサラリーマンと比べると、難しい状況も考えられる。

その点をしっかり覚悟していれば、自営業の人でもキャッシングは可能になる場合が多いのだ。

もちろん、自営業の人であれば理解していると思うが、
もし消費者金融からお金を借りる場合はしっかりと利息を計算して、いつまでに必ず返すという計画が最も重要になる。

商売人であればしっかりと意識していることだが、100万円を借りても利息がつけば110万円として返済しなければならない。

つまり、売上は110万円以上、稼ぐ必要があるのだ。

100万円借りて、100万円稼いでも、家賃も仕入もご飯も食べることができない。

それだけ商売に集中する必要性がでてくるのが、自営業の人なのだ。

お金を借りることが無事できたら、その分、もっと稼ぐぞ!というやる気を増幅させてますます商売に励んでいただきたい。
なぜなら、誰もが知っている大きな会社でさえ、基本的にお金を借りてあそこまで大きくなったという事実があるからだ。

個人事業主で消費者金融を頼る人の傾向 

自営業でもキャッシング

自営業は孤独の戦いだ。

当然、デスクに座っているだけでお金を稼げるわけではない。
常に行動しなくてはならないのが自営業の定めと言っても良いだろう。

前にも説明したとおり、自営業の人にとってお金は血液と同じくらい重要なものだ。

仕入ができなくては、商売はストップ、その後、倒産してしまうリスクがある。

自営業の人が消費者金融からお金を借りる理由は人によって様々であろう。

しかし、大きくわけると「つなぎ融資」を求める人と「支払い」のためにとキャッシングをする自営業の人に、わかれている状況のようだ。

銀行に融資を求めても、審査には非常に長い時間がかかってしまう。

自営業の人のチャンスはまさに「今」しかない状況が多いので、銀行の融資を待っていたり、クレジットカードの審査が降りることを待っていたのでは成立しない場合も多いのだ。
しかも、ネット社会の現在はあっという間に「今」あるチャンスが古くなるケースが多いのだ。

やはり、ヒーローにとっても自営業の人にとっても、「チャンス」は重要だ。
そんなときに、消費者金融のキャッシングで「つなぎ融資」を実行し、見事、チャンスを勝ち取った人は多いのだ。

たとえばの話だが、仕入は最低のロット数が決まっている。

卸問屋は一つなんて絶対に売ってくれない。最低でも100単位を1ロットとして商売人に売るという形式になる。

しかし、1個1000円でも100個という単位では、100000円必要になる。

もし、これから伸びる商材を君が見つけても、卸問屋がロット販売をしている場合は、やはりある程度のまとまった、お金が必要になることは明らかであろう。

つまり、これが自営業の人にとったら大きなチャンスがきた!ということになる。

このチャンスに早急に対応してくれる消費者金融を利用している自営業の人は多いのだ。
また、自営業のため、安定的な収入があるわけではないので、月末の支払いにどうしても困ってしまい、消費者金融を利用する自営業の人も実際にいる。

昔は自営業の人に厳しい消費者金融であったが、現在は比較的、敷居が低くなっている状況なので、一度、相談しても良いかもしれないぞ。

ただし、申込でも信用情報に即、記録されてしまうので相談にとどめることを忘れずに!

正社員より厳しい審査の実情

自営業 消費者金融 審査

孤独でがんばっている自営業の人にあえて言わないといけないが、、、

やはりサラリーマンと比べて、自営業の人は審査が厳しい傾向にあるのだ。
これは自営業の人であれば、簡単に理解できることだと私は思う。

商売をする以上、リスク管理は最重要項目であるはずだ。

もし自営業の人が1000個の商品を購入したいと言ってきた、一見さんを簡単に信用できるであろうか?
しかも、支払が後払いだとしたら、、、しかも、海外からの要求。

大切な商品を安心できない人に売ることはできないはずであろう。

消費者金融の人もまったく同じだ。

お金が商品であるキャッシングは、きちんと回収しなければ、消費者金融は倒産の憂き目にあうのだ。

自営業の人も必死なら、消費者金融も会社なので、必死なのだ。

お金を借りやすい人を比べてみると、公務員→サラリーマン→自営業の人という順番になるであろう。

もちろん、ブラックリストにのっているサラリーマンよりは審査は通りやすい状況ではあるが、やはり自営業の人は厳しい覚悟はしたほうが身のためだ。

消費者金融が自営業の人に求めるのはついつい、収入だと思われがちだが、一番大切なことは事業年数なのだ。
もちろん、収入も重要なのだが、安定から考えると、どれだけ事業を継続してきたのか?という点を、重要項目としている消費者金融は非常に多い。

収入が明らかに多い場合は、相談にのってくれることはあるが、事業年数は確かな安定材料になる。

その点をふまえつつ、しっかりと返済してくれれば消費者金融は問題がないので、
まずは1社を決めて、比較的、自営業の人でも間口が広いのか確認してから連絡をすると良いだろう。

大切な基準は、相手を安心させる材料をたくさん整えることだ。
ついつい人は自分の思いだけを人にぶつけてなんとかしようと試みるものだ。

しかし、それでは相手は不安になるばかりだ。特に金融関係は気持ちや心で動くことは少ない。

絶対的に返してくれる!という安心という証拠を相手に示すことが重要な点になる。
自営業の人は常に厳しい状況のなかにいるので、その点は覚悟している人が多いため、きっと問題はないと思うが、、、。

「自営業とキャッシング」の関係について説明させていただいた。

サラリーマンに比べて自営業の人は審査は厳しい場合が多い。

そして、大きなチャンスがあった場合の「つなぎ融資」や支払いのためのキャッシングを利用する、自営業の人がいること。

そんなことを中心に今回、話させていただいた。

自営業はサラリーマンに比べてリスクは高いが、それだけ夢を叶えることができる職種だ!

そんな人が、キャッシングを失敗しないためには、とにかく安心を与えることが最重要項目だと考えよう。

収入証明書も事業年数も大切だが、身なりや清潔感なども人は必ず重要視するものだ。

あなたなら、どんな人に大切なお金を貸せるのか?ということを忘れている人は意外と多い。

スーツ姿で来た人と、半ズボンとビーチサンダルで来た人、どちらに融資をするのかは、子どもでもわかることであろう。

自営業の人はスーツを着る機会は少ないと思うが、こんなときに備えて、きっちりとした洋服を用意することも私からのおすすめだ。
ヒーローもヒーローの姿をしているから、ヒーローに見られるのだから。

お金で頑張っている人の味方、キャッシュビクトリーだ!
なんだかんだいって、お金以上に大切なものは、愛しかない。

どちらが上でどちらが下かなんていう議論は必要ないが、やはり!お金の管理や考えは重要なはずだ。

そんなお金を世の中には安定的に稼ぐ人とそうではない人がいる。
前者はサラリーマンと呼び、後者を自営業の人と呼ぶ。

サラリーマンも厳しい仕事ではあるが、
さらに自営業の人は様々な不安やリスクと戦っていることが多い。

しかし、キャッシングにおいてはサラリーマンより「自営業」という職種は劣勢であることが真実なのだ。
背水の陣で頑張っている自営業の人を応援したい私なので、今回は「自営業とキャッシング」の関係をご紹介させていただこうと思う。

自営業無収入でも借りることは可能?

 

もし君が収入の無い人に「お金を貸してください」と言われたらどうであろう?
恐らく、大切なお金が返ってくるか不明なので貸さない人が多いはずだ。

しかし、自営業を営んでいる人であれば赤字や無収入の状態でも、キャッシングは100%不可能ということもないのだ。
よく考えれば、凄いことだと思うのだが、、、。

無職にはお金を貸せないが、職をしっかりともっている人であれば不可能ではない。
もちろん、消費者金融により様々な意見や決まりがあると思うが、決して絶対に断られるわけではないのだ。

たとえば、自営業の人が無収入というのは赤字であったりすることだ。
がんばって働いても、闘っても、だめなときは絶対にある。

しかし、事業が赤字でも不動産を所有していたり貯金をもっていたり、有価証券を保有(株)していたり、
家族の中に安定した収入がある人がいれば、むげに断られることもないはずだ。

自営業の人の商売は、勝ち負けにより収入が決まるといっても過言ではない。
負ける気持ちが一切なくても、勝負事は勝てるかどうかは最後までわからない。

逆転で勝つこともあれば、またその逆もあるだろう。

今月、赤字になっても、また稼ぐ気持ちがあれば、来月、収入は上がる可能性もある。
その点も消費者金融は理解しているので、相手が納得できる証明書を見せれば融資可能な状況もでてくるはずだ。

自営業で無収入でも諦めず、銀行や消費者金融に連絡することをおすすめする。
その際は、身なりを清潔にするなど不要な悪い印象を与えない服装で行くことがなによりも重要だぞ!

自営業の人は普段から私服が多いはずだ。

商売や資金繰りで頭いっぱいで、お風呂に入らなかったり歯を磨かなかったりする人は意外と多い。

人は必ず「見た目で判断する」ということを意識して、金融会社を訪れるときは、
パリっとした姿で担当の人と会うように心がけよう!

自営業貸してくれる金額の目安

 

消費者金融がお金を貸すということは、君たちが利益になると決めたからだ。

当然といえば当然なことだが、お金に困っている状態の人は、
ついついパニックになってしまう人が多く、基本的なことを忘れてしまう傾向にある。

100万円を貸して、その利息が消費者金融の利益になる。

つまり、できればたくさん貸したいと思っているのが相手の気持ちなのだ。
それだけ高い金額を貸せば利息が増えるからである。

金融会社がの問題は貸したお金が回収不能になること。
基本的なことは、安心する材料さえ与えてしまえば金融会社は喜んで貸してくれる会社と言えるのだ。

金融会社は自営業の人を公務員やサラリーマンの人と比べてやはり、安定していると認識はしていない。
もし、高い金額(50万以上)を求めているのであれば、それだけ条件や審査は厳しくなると覚悟しても良いであろう。

しかし、50万円以下であれば比較的、スムーズに審査は通りやすい傾向にある。

もちろん、無職であれば問題になるかもしれないが、事業年数もあれば消費者金融も喜んで相談にのってくれるはずだ。

現在、キャッシング業界はライバルが非常に多い業界の一つだ。
その結果、無利息キャッシングというサービスを実施したり、無収入であってもキャッシングが可能であったりと敷居と昔と比べて、かなり低くなっているようだ。

50万円以下であれば、原則収入証明書が不要な消費者金融は多いので、まずは連絡することをおすすめする。

個人事業主がお借りるために必要なもの

 

サラリーマンの人とは違い、個人事業主の人がキャッシングをする場合は多少きびしい状態にある。

しかし、商売に安定する日は基本ない。
どんな大手の会社でも絶対に倒産しないなんてことはあり得ない世の中なのだ。

それは個人事業主の人にとっても、当然、例外ではない。
「資金繰り」「月末の支払い」「設備投資」など、問題は山積みになっているはずだ。

そんな個人事業主の人がキャッシングしたい場合は、一体どんなものが必要になってくるのであろうか?

安定的な収入がない、個人事業主でも、借りるために必要になる書類は下記になる。

・本人確認資料(運転免許証・健康保険証)
・収入証明書(前年度の確定申告・青色申告決算書または収支内訳書)
・事業の内容を明らかにする書類(納品書・受注書・発注書)
・課税証明書や確定申告書

やはりサラリーマンとは違うので、求められる証明書も様々な種類になる。
運転免許書などは基本として、事業内容書類は、個人事業主ならではなの書類だろう。

個人事業主の人は、即お金が必要な場面もあるかもしれない。
そのような状態になっても、すぐに取り出せるように日頃から書類の整理を怠らないように注意しよう!

自営業が絶対にしてはいけない申し込み方法

人は焦ったり、パニックになったりすると冷静な判断ができなくなる。
お金の問題は特にそのような状態になってもおかしくないはずだ。

冷静さを失うだけではまだ良いが、魔がさしてしまい大きな問題につながるケースもある。

それが、所得の申告を修正すること。

自営業の人で、どんなに苦しくても、これだけは絶対にしてはいけない!

確定申告書を偽造して申し込む方法は立派な犯罪にあたる。
お金で助けてあげたい私でも、もはや助けることはできないのだ、、、

自営業の人が求められる書類は、納税証明書など公的機関の証明書のため不正ができないのだが、
消費者金融によっては確定申告書でも受け入れてくれる会社もある。

確定申告を修正すると、保険の金額や税金の金額はとうぜん高くなる。
なので、消費者金融に提出するときは多めに申告し、審査がとおったら修正する方法で乗りこえようとする人がいるらしいのだ。

しかし!この方法は税務署に知られてしまったりすれば、大変な問題になる。

確定申告書を偽造することは「公文書義偽造」にあたり、それこそお縄になる可能性も否定できない。
時にお金の問題は、このように魔がさすときがあるので、気をつけなければならない。

このような犯罪に手をそめるのではなく、事業系のローンを検討するなりの対応を変える必要性があるであろう。

倒産を防ぐために、偽造したことで信用がなくなってしまい、本当に自分の事業が倒産の憂き目にあってしまう可能性は非常に高いのだ。

現在では正確に分析をする機械などもあるので、どんなに苦しい状況でも、犯罪につながることだけはならないようにして欲しい。
君たちの愛する人たちが悲しむだけだから、、、。

【まとめ】

がんばっている自営業のキャッシングについて語らせていただいた。

いかがだったであろうか?

やはり、孤独な自営業の人にふく風は厳しいといえる。特にお金の問題は切実である。

たしかにサラリーマンや公務員の人に比べたら、キャッシングの条件はゆるくはない。

しかし、その分、挑戦しがいがある仕事があったり、縛られることもなく自由な部分もあるだろう。

まずは自営業の人でも「借りることは問題ない」「貸してくれる目安は基本、50万円以下(条件による)」
「借りるために必要な書類はサラリーマンとは違う」「絶対にしてはいけない申し込みがある」

このことをしっかりと意識しながら、商売の血液であるお金を考えると良いであろう。

自営業の戦いに安定はない!昔も今もこれからも!もっと闘おう、心から応援している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>