即日 キャッシング

低金利でお金を借りたいなら大手銀行系カードローンがいい? 

この世の中、ハッキリしないことも非常に多い。
いや、ハッキリさせないほうが幸せに生きられる場合もあるのだ。

しかし、君たちがこれから「お金を借りる」と決めている、または悩んでいる場合に限っては、
ハッキリと目的や金額を把握する必要があるのだ。

お金の悩みならこの私に!キャッシュビクトリーだ。

キャッシングにおいて、調査力と知識と自己分析は必須な項目になる。
この3点を無視してお金を借りてしまうと、良いことはその後、起きることはないだろう。

今回はお金の知識にあたる「低金利での借り入れ方法」のお話だ。

知らないと弱点に変わり、知っていると強い武器になるのが正しい知識。
ぜひ、少しでも役立つ知識をもって帰って、キャッシングに役立ててくれれば幸いだ。

急な出費や急なチャンスに対応するために、先立つものはやはり「お金」になる。

憧れていた人に誘われたという嬉しいことにもお金は必要。
怪我をしてしまって病院に行った、そんなときもお金は必要になる。

手持ちのお金が必要になったときは、キャッシングは非常に便利な金融サービスになる。

しかし!君たちは「金利」について深く考えたことはあるだろうか?

よく電車のつり革などに消費者金融の広告がのっていることを見かけるが、
あまりその数字の意味を深く考える人は少ないと思う。

たとえば、君が100万円を銀行に預けても、1年で250円だ(年利0.025%)
これは笑い話でもなんでもなくて、これが現在の平均の利子なのだ。

一方、消費者金融を例にとると18%という数字を提示している会社が多い。
(会社・金額により金利は変動する)

つまり1年間、一円も返さずに100万円を借りている状態であると、どうなるのか?
そう118万円にして返済しないといけないのだ。

預けたら250円、借りたら180,000円になるのだ。約720倍の違いがあるのことがわかる。
つまりこの話を言いかえると、貸す側と借りる側は720倍ほどの遠い話ということだと判断できる。

少々厳しいお話をしてしまったが、お金を借りる上で「金利」は非常に注意が必要なのだ!

金利のことを考えると、まずは両親や知人から誠実に借りることをしっかりと考えることも一つの手になる。
それほど、金利は怖い存在だと認識して欲しいのだ。

お金のヒーローである私は知っているが、借金というより人は「金利」で大変な目にあうと言っても過言ではないのだ。

世の中には親に頼れない人や知人からも借りられない人もいるはずだ。

そんな人はまず消費者金融などではなく、銀行系のローンを検討することを強くおすすめをする。

なぜなら、金利が大手銀行系は消費者金融に比べて、少し安いからだ。

昔は個人に融資をすることは、ほとんど無かった銀行だが現在は幅広く収益を上げるため、個人向けの金融商品を提供している会社も多いのだ。

借金で身を滅ぼすというよりも、金利で自転車操業になってしまったり、闇金融に手を出してしまったりする人は後を絶たない。

1秒1秒利子がついて豊かになるなら良いが、1秒1秒金利が重なり借金がふくれることは恐怖以外なんでもない。

トイレに行っている間も寝ている間も刻々と秒針が動いている間に、借金をしている人は金利が増えていっているのだ。

その点を考えると、「金利」は安ければ安いほど良いのだ。まずは大手銀行系のカードローンを検討してみよう。

大手銀行系からお金を借りる際のポイント 

大手銀行系カードローン
比較的、低金利と言われている大手銀行系のカードローン。
やはり消費者金融に比べて金利が安いのは有難いと誰もが思うはずだ。

金利が安ければそれだけ、毎月の負担額も減るので生活は楽になるのだから。

問題は消費者金融と大手銀行系のカードローンは「借りる」ことは同じでも、注意する点やシステムは違っているのだ。

その点を少し説明させていただこう。

まずは銀行系カードのメリットを知ろう!

①銀行系のカードローンは総量規制の対象外となる。

銀行は貸金業法ではなく銀行法を施行されているため、年収の3分の1以上の貸付も可能なのだ。
もちろん、総量規制の問題なので「審査」に通るかは銀行次第になる。

②金利が消費者金融に比べて安い

これは再三、説明させていただいたとおりだ。低金利なので銀行系キャッシングは人気がある。

③利用限度額が高い

一般的に消費者金融は50万以下の会社が多いが、銀行は大口の融資も行っているのだ。
当然だが、いきなり高額を借りられることはほとんど無いので注意が必要になる。

この3つが銀行系カードローンのメリットと言えるだろう。
感が良い人は気づいているかと思うが、メリットがあるのであれば、やはりデメリットも存在している。

このデメリットを把握することが、大手銀行カードローンを申し込む際のポイントになる。

大手銀行カードローンのデメリットを知るとき。

①審査基準が消費者金融よりも厳しめ

一番嫌なことかもしれないが、銀行はお堅いイメージのとおり、
やはり審査が厳しく、消費者金融などに比べると難しい問題があることは否定できない。

②延滞行為に厳しい姿勢
これはその銀行により対応は様々だという意見が多いが、
延滞に厳しいという話が多く、最悪は一日遅れただけでも債権回収にとりかかる場合もある。

③手続きに時間がかかる場合も

消費者金融に比べて、若干、時間がかかる傾向があるようだ。
可及的速やかにお金が必要な人は事前に、申し込みなどをしておくことも必要だ。
しかし、銀行系でも即、融資可能なサービスを実施している会社もあるので、HPなどを見ても良いだろう。

いかがだってであろうか?
大手銀行の借りるときのポイントは、メリットとデメリットをよく比較することが大切になる。

少額融資を希望していて、本日、どうしてもお金が必要な人は銀行系に向いていない。

しかし、これから比較的、高額なお金が必要になる人であれば、事前に銀行系カードローンを申し込み、
低金利でサービスを受けることが無駄な金利が少なくて良いであろう。

【注意】こういう人は借りられない。

消費者金融にしても、銀行系カードローンにしても、「審査」に落ちやすい人がいることは確かだ。

もちろん、総量規制をこえていれば消費者金融は貸したくても、貸せない。
銀行が貸したいと思った、相手でもブラックリストにのっていれば即、NGとなってしまう。

当たり前の理由で銀行から借りられない場合もあるが、少し注意すれば借りられた!という話も多いのだ。

まず、消費者金融に比べて金利が安い銀行系カードローンはとても人気が高い傾向にあるのだ。

簡単にいうと、銀行の人たちは忙しい日常になっているということだ。

そんなときに、申込書の氏名が間違っていたり、誤字があったり、記載漏れがあったりしたら、どうであろうか?
そう、実はヒューマンミスで落とされる人は意外と多い。

そんなことで、落とされるの?と思った人は注意が必要だ。
小さなことだからこそ、疎かにしない姿勢が銀行系カードローンでは重要なのだ。

また過去、金融でトラブルがあった人も断られる可能性が高い。

返済日を守らなかったり、どうぜ返金するのだから連絡は後でいいや!ということをしていると、
きっちり君たちはブラックリストにのってしまっている可能性は高いのだ。

返済が遅れる場合は支払う意思があるということを必ず、伝えて、信用を失わないようにすることも重要なのだ。

最後になるが、申込は極力1社に絞ること!

なぜなら、信用情報は申込の段階からすべて周知の事実として記録されるからだ。

申込くらいなら平気だろうと、落とされたとき用に複数社、銀行系に申し込みをしてしまうと断られることになる。
何社も申し込むと印象がかなり悪くなるので、大物一本釣りの気持ちで1社限定で申し込みをおすすめする。

【まとめ】

今回は主に「大手銀行のカードローン」について説明をさせていただいた。

どんな問題にもメリット・デメリットは存在していると言ったが、
それは自己分析をしている人がはじめて、その効果を体感することができるということだ。

たとえば、自分がいくら欲しいのか?(具体的な金額)いつまでに必要なのか(期日)どのような
借入条件を求めているのか?とういう点をしっかり把握しなければいけない。

自己分析が未熟であると、大手銀行系の低金利ローンを生かすことはできないのだ。
まずは、自分の状況を具体的にしてから、アクションをすることをおすすめする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>