即日 キャッシング

パートやアルバイトでもお金借りれる?

どんな仕事でも、人の役立つということに変わらない。そう信じているキャッシュビクトリーだ。
私の職業はお金のヒーローだ。特にキャッシング専門の!

たくさんお金がある人であれば問題がないことも、お財布事情が厳しい人はキャッシングで、問題が発生する場合も多い。
そんな人が道を間違わないために、私は仕事をしているのだ。

少々、自分の話ばかりしてしまったな、、、。

お金を借りる場合は、職業が問題になるのでは?と思う人が多い。
パートやアルバイトでも借りられるの?専業主婦では無理でしょ?という声が聞こえてきそうだ。

そこで今回は「職業とキャッシング」について色々な情報を紹介させていただこうと思う。
とても役立つ話だと思うので、しっかり聞いてくれよな!

結論から、言わせていただこう!

パートやアルバイトの人でも、キャッシングは可能だ。

今まで、諦めていた人は朗報かもしれないな。

お金を貸して利息を利益とする会社が一番求めているのはなにか?

君たちはご存じだろうか?

私はこの話が大好きなのだが、相手の立場になればわかりやすい。

つまり、君たちがお金を貸す金融会社であった場合、
なにを一番重要視するであろうか?という疑問が重要になる。

10年間かけて貯めた1,000万円を誰になら貸せるだろうか?

そう、それは必ず「安定」している人ではないか?

たとえば、ある年は年収1,000万円でも、次の年は年収が100万円の人に貸したいと思うだろうか?

それよりも、年収400万円を安定的に稼いでいる人のほうが、債権を回収と考えると、魅力的に思えるはずだ。

もちろん、職業によって借りやすいという事実がないわけではない。

しかし、君たちがパートであってもアルバイトであっても、
きちんとした勤続年数が証明できれば、キャッシングすることも現在は可能なのだ。

どうだろう、少しは安心したであろうか?

ただし、銀行系キャッシングではない場合、信販系・消費者金融系である場合は、
総量規制の問題があるので、その点は注意が必要になる。

総量規制とは年収の3分の1以上は、借入ができないという法律になる。

住宅ローンや車のローンは対象外になるなどのルールはあるので、ぜひ、一度金融会社のHPなどを拝見して欲しい。

またアルバイトの人が1年以上働いていない場合はどうなるのか?という疑問があるだろう。

たとえば、3ヶ月しかまだ働いてなくても問題ないのか?という点だ。

もちろん、1年以上継続して働いている人よりも3ヶ月働いている人のほうが、
審査は多少厳しいということは予想できるだろう。

しかし、その審査は金融会社が独自の理論で成立させているので、当然、不可能ではない。

過去に金融会社とトラぶったり、ブラックリストにのっていたり、複数の金融会社から借入を
していなければ、比較的、融資は難しくないかもしれない。

また3ヶ月働いた人でも総量規制は、年収ベースで考えられる。

たとえば、1月10万円 2月12万円 3月9万円のお給料としよう。
3ヶ月の合計は31万円、つまり年収は124万円となる。

総量規制は、年収の3分の1の規制なので、借入限度額は37万円ほどになるのだ。
あくまでも、総量規制の問題であって、はじめての取引で借りられる保証は100%ではない点に注意が必要だ。

パートやバイトでも大丈夫な理由

パートやバイトでも大丈夫な理由
なぜアルバイトでも、現在はキャッシングをOKにしているのか?
パートやアルバイトの人であれば、多少、気になる部分かもしれない。

お金を貸して利息を収益として上げる金融会社は、「借りたい!」と思っている人を総合的に審査するからだ。

自分は正社員ではないから、無理だろうとついつい、キャッシングをしたい人は、考えてしまうかもしれない。

たしかに金融会社は職業を重要視している部分はある。

公務員や大手の会社で働いている人であれば、比較的、借りやすい状況にはある。

それでは、公務員だけに貸したいと思って、商売になるのか?それは決してあり得ないことだ。

やはり、金融会社も商売なので、幅広い人にお金を貸して、利益を上げたいと考えているのだ。

そこで、大切なことは「総合的」な判断で貸すのか?貸さないのか?とうい基準がなければ、
よその金融会社にお客さんをとられてしまう可能性がある。

アルバイト・パートだから貸せないのではなく、
正社員に比べて、安定的ではないというデメリットを抱えているという程度なのだ。

職業は一つの条件として考えればOKなのだ。

たとえば、年収500万円の大手に勤めるAさんがいるとする。
勤続年数10年で、金融会社からすれば上客と思われる可能性は高い。

しかし、そのAさんを審査すると、他社の借入が複数あったことが発覚した。
ちなみに、金融会社は個人的な信用情報を機械で一瞬で知ることができるのだ。

Aさんは、過去に踏み倒しの記録がある。

そんなAさんは、おそらく融資を断られる可能性は高いだろう。
職業と年収は問題なくても、「安定」しているとは言い難いからだ。

逆にアルバイトのBさんがいるとする。

Bさん大手ではない会社の正社員になるために、懸命に働きもう5年もたつ。
年収は150万円だが、毎月、一定の金額を稼いでいることがわかった。しかも、過去、ブラックリストにのっている記録はない。

そんなBさんがとある理由で融資を申し込みしたのであれば、おそらく高い確率で融資が可能になるはずだ。

またアルバイトであってもパートであっても、大手の会社であることや、
親方日の丸てきな会社であれば、融資の可能性が高まるといってもおかしくないだろう。

このように、融資の審査は狭いカテゴリーで判断されるのではなく、総合的な判断(年齢・職業・所在地・勤続年数・etc)など、
あらゆる非常に細かい審査項目で広く判断されているので、アルバイトという理由で諦める必要はないのだ。

職業別借りやすさ一覧

これまで、アルバイト・パートの人を中心にキャッシングを説明させていただいた。

インターネットを見ると、専業主婦やアルバイトの人では難しいや断られるという情報が書かれている。
しかし、決してそんなことはないので、100%諦める必要はない。

もちろん、借りやすさからいえば、厳しい属性にはなるアルバイト・パートだが、不可能ではない。
何度も言わせていただいたが、キャッシングは借りたい人を総合的に判断しているからだ。

職業は重要な審査項目ではあるが、決して唯一無二ではないので、少し安心して欲しい。
そこでここから、職業別の借りやすさを解説・まとてみる。

①公務員

やはり断然、借りやすい職業は公務員になる。失礼ながらお給料は平均して高くない傾向があるが、
安定的な収入を得ているため、金融会社からすれば上客扱いの職種になる。
アルバイトの人でも、郵便局や親方日の丸系列であれば、信用度は高い傾向になる。

②大企業社員

誰でも知っているような大きな会社に勤めて入いれば、審査は比較的に通りやすいだろう。
それだけネームバリューは大きい事実は否定できない。また派遣社員の人でも大手に契約していれば、好印象だろう。

③中小企業社員

公務員や大企業社員には審査は難しいものの、安定的な勤続年数や収入証明があれば問題がない可能性が高いと言えるだろう。

④自営業・アルバイト

4番目になってしまったがアルバイトでも、もちろん融資は不可能ではない。
自営業の人も同じく、安定的な収入を証明できれば金額によりスムーズに借りられる場合も。
ただし、アルバイトの人は10万円以内を目安に考えることをおすすめする。

⑤専業主婦

収入がない主婦のかたは、旦那さんが働いていれば融資は可能になる。
主婦も家庭を支えている立派な仕事なので、胸をはってキャッシングしよう。ただし、旦那さんの収入証明書は必要な点は注意が必要。

【まとめ】

アルバイト・パートでも借りられるのか?きっとお金で困っている人は心配だろう。

冒頭でお話させていただいたが、職業によって人の価値が決まることはない。
どんな仕事でも、はたを楽させる立派な仕事だと私は真剣に思っている。

しかし、キャッシングにおいては、「安定的」というキーワードで、
どうしても、劣勢になってしまう職業であることは否定できない。しかし、その程度だ。

安定的にアルバイト・パートをしているのに、無視されることはない。

いつでもお金を金融会社から借りられる人という判断は、
毎日一生懸命、仕事をして、しっかり生きている人ということも言えるだろう。

まじめに生きていれば、正しく評価されて審査も通りやすいことは間違いないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>