即日 キャッシング

【ヤミ金の裏】多重債務者は狙われやすい?闇金貨金融の手口を暴く

私が一番許せないのは、弱い人を困らせる人だ。

現在、闇金融なる犯罪グループが猛威をふるって、正規ではお金を借りられない人たちを苦しめている!
お金のことなら、どんな問題も解決できる!キャッシュビクトリーだ。

今回のテーマは「闇金融」の問題についてだ。
まさか、これからお金を借りたいと思っている君たちが、闇金融の存在を知らないわけがないと思う。

わかりきっていることだが、闇金融は犯罪だ。
しかし、頭では犯罪組織と理解していても、闇金融の罠にかかってしまう人も少なくない。

そんなことに決してならぬよう!基礎的なことを中心に闇金融の実体を紹介させてもらおう!

ヤミ金?金貨金融とは?

ヤミ金?金貨金融とは?
そもそも闇金融とは一体どんな金融なのか?
改めて、ここで学んでいこう。

闇金融とは出資法という法律を違反して、あり得ないほどの高い利息で貸付ける者をいう。

よく「トイチ」という言葉を聞いたことがあるのではないか?
「トイチ」とは、10日で1割という厳しい利息で貸付けることを意味する。
基本的に「トイチ」でお金を借りたものは、短い期間の間に破産すると言われているのだ。

つまり、「トイチ」は闇金融であるということだ。
また、貸金業法で定められている「登録」を済まさないでお金を貸し付けることも立派な犯罪なのだ。

闇金融かどうかを判断する目安の一つとして、利息がある。

少し難しい話かもしれないが、闇金融と縁を結ばないために大切な話なのでじっくり聞いて欲しい。

消費者金融や信販会社、そして銀行系キャッシングは出資法という法律を守るなかで、
お金を貸しての商売をすることを許されている。

出資法では年利20%以上の利息は原則、定めてはいけない厳しい法律なのだ。

当然、この出資法を破れば、営業を停止されていたり、なかには倒産に追い込まれる可能性は高い。
厳しい刑事罰が設定されていることもあり、金融会社はきちんと守っている。

闇金融かどうかは、素人でも判断できにくい場合も十分考えられる。
もし君たちが借りた利息が年利20%をこえていた場合は、間違いなく闇金融なので、即、警察に相談すること。

闇金融でお金を借りることが、身を滅ぼす第一歩になってしまうのだ。
犯罪は絶対にNG!この言葉を合い言葉にしよう。

多重債務者は狙われやすい?金貨金融の手口を暴く

  

闇金融をしている者が、狙うのは普通の人ではない。
普通の人というと、誤解があるかもしれないが、通常、多重債務者を狙うのだ。

もちろん、多重債務に陥っていないとしても、狙われる場合もあるので、引き続き注意は必要だぞ!

そこで、どんな手口で闇金融は多重債務者を誘いこむのか?という点を紹介しよう。

多重債務者の人は、お金が借りられない状況にも関わらず、その間に利息は重なり、借金はみるみる増えていく。
返さなくてはならないと思っても、借りることができず窮地に立たされているのだ。

このときに、弁護士などを訪問すれば安全に解決ができる可能性があるのだが、、、
(偽物の弁護士には注意!)

冷静な判断ができない多重債務者に一通のDMが届く。
このDMが地獄に引きずる手紙とは思ってもいないのだ。

多重債務者がそのDMを開けるとこんな文字が、、、

「借入が多く困っている方!どんな人でも特別融資します。」
「あなたの融資額は30万円になりました」

冷静であれば怪しい!と思うことも、借金で頭がいっぱいの多重債務者は、このDMを信じてしまいたい気持ちになるのだ。

しかし、このDMを信じて闇金融に連絡しても、
「他の借入が多すぎて少額しか貸せない」など言ってくるのだ。

それでも多重債務者は少しでもお金が入ればと契約をして、数万円を借りる。
残念ながらこれは、卑劣な闇金融の罠に掛ってしまった状態。

その少額の金額でも10日で6万円にて返済することなど、むちゃくちゃな利息をとられる。

10日では利息が払えないと言えば、1万円を今支払えば、また10日返済期間を延ばすなど、
とにかく、元金を返済されないように甘い言葉で闇金融は多重債務者を操るのだ。

10日で一割なんて払えるわけはないのだ。その元金を元に借金はふくれていき、気づいたときにはすでに遅しの状態だ。

摘発された事例と感想

闇金融のやり方は、本当にむちゃくちゃなだ。
犯罪なのは言うまでもないが、本当に酷い手口で借りた人を苦しめる。

たとえば、期日にしっかり返済したにも関わらず、

・事前の連絡がなかった
・完済したい旨を事前に連絡しなかった
・〇時までの時間に振り込みがなかったから

こんな子どものような言葉で、なけなしのお金で返済した金額を無しにしようとするのだ。
つまり、簡単に言うと、相手にはしてはいけない!が闇金融のルールだと思って良い。

そんな闇金融は酷い犯罪行為なので、ドシドシ警察に摘発されてもいる。
しかし、増える数に対応しきれない状況でもある。

少しここで闇金融が摘発された事例を紹介しよう。

・80人から利息7000万円か?「ヤミ金」暴力団幹部逮捕
・韓国の3人家族ぐるみで「ヤミ金」営業 警視庁で逮捕
・無登録の貸付で逮捕
・違法な高金利で金を貸し付けていた闇金融経営者ら5人逮捕

このように、闇金融は最終的に暴力団の資金源になっていることが多い。
後ろに暴力団がひかているため、闇金融の者も強気になって、借りた者を泣かしている状況なのだ。

このような摘発例は今後、後を絶たないだろう。
それは警察の努力というよりも、悪はなかなか消えることができない定めにあると言っても良いかもしれない。

何度も言うが、闇金融は相手にしてはいけない!

もし、被害にあった、もしくはあいそうになった場合は、
警察だけではなく、闇金融を専門に扱っている弁護士にまずは連絡することをすすめる。

あなたが金貨金融の巧妙な罠にかからないために

基本的に甘い言葉にのらない!という姿勢が重要になる。

よくメールなどにも儲け話を宣伝にしたものがあるが、
儲けられるのであれば、わざわざ人に教えることは必要がないのでは?という単純な疑問を発想する必要性がある。

これは海水をイメージすればわかる。

ついつい儲け話にのってしまう人は、心のどこかで、甘い海水があると期待してしまうのだ。
詐欺などに手を染めてしまう人に多い傾向にあるが、そんなものはない!

皆、一生懸命生きているのだ。必死に生きても、思うような結果しか出せない人もいる。

たとえば、野球選手もそうだろう。

一流の野球選手一人にどれだけ、懸命に練習して、必死にプロを目指して、その夢に届かない人がいるのか数えきれないはずだ。

まずキャッシングにおいては、返済計画をしっかり立てる。
多重債務者に決してならないようにと覚悟を事前に決めることが重要だと私は思う。

甘い計算をしていて良いことなんて無いのだ。
しかし、その逆に厳しい計算をすると良いことは、本当にたくさんある。

なぜなら、やはり厳しい環境のなかで生きれば成長するからだ。

キャッシングを君たちがする場合は、自己分析、返済計画を元にしっかりと行動して欲しい。
その行動さえあれば、闇金融とつながることなんてまずあり得ないのだ。

君たちは一体どんなことを思ったのであろうか?
自分には関係ない、自分なら大丈夫、そんな馬鹿なことしない、、、

そのようなことを考えているなら喝だ!

自分を信用する心の姿勢は重要だが、一番信用できないのも自分である。
この言葉が私は重要だと思っている。

なぜなら、人の本能は楽をするようにできているからだ。
いやもっと簡単にいうと、細胞が楽をしたがっていると思えばいい。

たとえば、私たちの体を形成しているアメーバは、快楽を求めて苦痛を避けると言われている。

そのような細胞からできている私たちも、やはり信用できないという部分をもつことは大切なのだ。

少しくらい返済が遅れても平気、ずっと借りているから、今回くらい返済しなくても良いかも!
という自分本位な考えは、確実に闇金融につながるので、本当に戒めていただきたいと思う。

闇金融とつながって幸せになった人はいない。いや、自殺してしまう人さえいるのだ。
君たちの大切な人を守るためにも、絶対に闇金融と出会わないように日々、気をつけよう!

この世の犯罪で一番、醜いのはお金も問題かもしれない。
君たちのお金と幸せを守りたい!キャッシュビクトリーだ。

どんなに誠実な人でも、どんなに良い人であっても、
闇金融を利用して幸せになった人はゼロ人なのだ。

いや!闇金融を利用した人は真っ逆さまに地獄に落ちると判断して良いだろう。

犯罪だからNG!法律を無視しているからNGなんていう優しいものでなく、
利用した人本人も家族も親戚もすべてを巻き込み、不幸になっていうのが闇金融なのだ。

絶対に闇金融を相手にしない!を合い言葉に、
今回は「ヤミ金からは借りてはいけない5つの理由」をご紹介させていただく。

お金がない時でもアナタがヤミ金からは借りてはいけない5つの理由 

①金利が異常なほど高い、もちろん、法律違反!

闇金融の者は法律を無視して、あり得ないほど高い金利を借り手からブンどる。
比較的高い金利と言われている、消費者金融でも年利18%だ。

そのなか闇金融は、平気で利息制限法をこえる金利を課してくるのだ。

法律の問題もあるが、その酷いやり方も問題だ。

たとえば、多重債務者の人に5万円を貸すと闇金融が言ったとする。

借りる人は、そのまま5万円を貰えるのだと思うのだが、実際に手渡しされるのは、3万8千円など利息を引いている状態なのだ。
そして、10日後に5万円を返せ!という暴利を要求してくる。

まだまだ酷い話はある!

10日で3割ではなく、なかには「トゴ」つまり10日で5割というまるで、子どもの金融会社のような金額を請求してくる場合もある。

10万円かりたら、10日で15万円になってしまう。
しかも、返済できない場合はこの15万円を元金にして、利息を計算されるので、10日後は22.5万円になる。

つまり、闇金融の金利を支払える人はこの世にいるわけがないのだ。

金利が高いというよりは、法外な金利のため、まともに相手をしてはいけない相手だ!

それが闇金融に対する正しい対処になる。
このような危険極まりない者と出会ってしまった場合は、警察だけではなく弁護士の先生に相談することをおすすめする。

②違法な取り立てで心身がボロボロに

ご存じの人は多いかもしれないが、闇金融は平気に法律を無視している集団なので、違法な取り立てをしてくるのだ。

最初は甘い言葉で誘ってくるが、返済が遅れたりすると、だんだんと口調が強くなり、
人格を否定される言葉をはく、時には生命の危機とも思える言動が多くなる。

深夜の時間帯であろうとお構いなしに連絡、暴力に訴えかけてくることもある。

あきらかに犯罪なのだが、多重債務者は正しい判断ができなくなり、あまりの恐怖に従うを得ない状況に陥っていくのだ。

また、自宅だけではなく、親戚、職場、兄弟、同僚などにも平気で毎日のように電話をすることも多い。
そして、ヤミ金融の激しい取り立てが原因となり自殺する人がいるのだ。

犯罪組織ではあるが、人が嫌がることはプロ的に上手な特徴があるのが闇金融なのだ。

このような、酷い状況では、自分が死ねばなんとかなる、死んだら嫌がらせから解放されると思ってもおかしくないだろう。
上記はすべて法律違反だ!このようなことをされた場合は、即、警察に連絡をしよう。

③一足入ってしまえば、抜けられない闇金融

闇金融はドロ沼にはまってしまうイメージがピッタリだ。

どこで手に入れるかは知らないが、巧みに多重債務者の情報を闇金融は手に入れる。
多額の借金でもうニッチもサッチもいかない債務者に、闇金融は甘くささやく。

「まだあなたでも借りられます!今すぐ、50万円融資可能!」

そんな言葉を聞いてしまった、多重債務者は藁にもすがる思いで連絡するのだ。

これが闇金融の手口だ。

一度、闇金融と関係してしまうとアリ地獄やドロ沼のように、足元をすくわれる。

なぜなら、闇金融同士で情報網があり、ターゲットを知ることができるようになっているからなのだ。
危ない情報交換がはじまり、あっという間に犯罪組織の餌食になってしまうのだ。

1社返せなくなると、2社目の闇金融から借りて、それでも返せなくなると、3社目となる。

気づけば多重債務のときのほうが、全然マシであった状況になっていく。

まるで負の無限ループに自分が巻き込まれている感じだろうか、、、。

このように一度、闇金融と出会ってしまうと、元に戻すのは非常に大変であり、それこそ人生は奈落の底まで落ちる可能性が高い。
決して、その場をしのぐという軽い気持ちで手を出すのだけは、やめるのだ!

④闇金融を利用して、逮捕されてしまうあなた

闇金融は犯罪だ。

しかし、やっかいなことに、そんなことは百も承知に奴らは闇金融をやっているのだ。

つまり、どのようにすれば警察につかまらないのか?ということも含めて、常に頭を使っている集団といっても良いだろう。
そんなことに頭を使うなら、もっと良い方向の方が幸せになれるのにな、、、

と言っても、今、こうしている間にも闇金融に苦しめられている人はいる。なんとか、せねばならぬ状況だ。

闇金融の存在自体が悪。

悪は関係した人を悪に変えていく恐ろしい考えを持っているのだ。

闇金融の者は、弁護士や警察が絡んできたら、金利を貪れないことを理解している。

要するに、いかに闇金融から借りた者を上手く操り、警察に行かさず、弁護士にも行かさず、ということを最初から決めているのだ。

たとえばこんな言葉がある、

「借金をチャラにする代わりに、銀行の口座をつくってください」

これも魔の言葉になる。

依頼された新しい口座は新たな犠牲者のためにつくられた闇金用の口座なのだ。
犯罪に加担されてしまい、しかも、そのことを警察に言ったらなどの脅しに使う。

もはや、相手にすることもない、何をいってもダメな集団なのだ。

⑤すべてを失う闇金融との関係

もし君たちが闇金融と問題になってしまったのなら、
今までの過去の実績も、未来にも酷い影響を与えてしまう可能性がある。

君たちの愛する家族はもちろん、両親、兄弟、友達、職場の同僚。
築いた、人間関係と過去の実績がすべて消えてしまうと言っても過言ではない。

この話を読んでくれている人は、まだ闇金融に手を出していないかもしれないが、
たったの数万円で人生をめちゃくちゃにする必要なんてないのだ。

もし、君たちがこれから仲良くしようと思っている人が、
現在、闇金融で苦しんでいて近づけるだろうか?

まずは遠い関係の人から、闇金融を利用した人は人間を切られていくだろう。

同僚、友達、親戚、兄弟、両親、そして愛する君たちの家族。

闇金融は利用した人を不幸せにするだけではなく、
その周囲にいる大切な存在までも巻き込んでいく犯罪組織なのだ。

彼らは、なにも悪びれる気持ちも持たず、酷い取り立てを実行しつづけるだろう。

縁を切らねばならないのだ!

大切な家族や仲間を守るためにも、反社会的な人間と縁を結んではいけない。

厳しい話かもしれないが、闇金融に手を出す人の考えは甘いことが多い。
ぜひ、今一度、キャッシングをしたい人、または闇金融と疑われる存在と、接触してしまった人は、真剣に考えていただきたいのだ。

【まとめ】

「ヤミ金からは借りてはいけない5つの理由 」を紹介させていただいた。
君たちはどんな感想をもったのであろうか?

これだけ日夜、闇金融はニュースで放送しているにも関わらず、奴らは一向に減っていない状況なのだ。

もちろん、闇金融は存在自体が悪なので、悪いには決まっている。

しかし、警察が動いてもなかなか減らないのは、
やはりキャッシングを甘く見ている人がいるからだという見方もできるのではないか?

闇金融は甘い言葉で最初は50万円を融資なんて言ってくるだろう。
それは3万円など言ってしまっては、連絡がないと知っているからだ。

実質、闇金融から借りる金額はたったの1万円や多くて5万円だったりしている事実がある。
たったの5万円で君たちはすべてを失って良いわけがない!

今からでも遅くはないのだ!

キャッシングを希望する人は、本当にそのお金が必要なのか真剣に考えよう。
そのなかで自己分析と返済計画をしっかりと熟考をすれば、このような問題になる可能性は非常に少ないのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>