即日 キャッシング

年収300万以下の人はいくらまでお金借りれる?

不安なことがある人は少し、胸に手をあてて自分に聞いて欲しい。
その悩み、ほとんどはお金の問題ではないだろうか?

人はお金で幸せになり、お金で不幸になると信じている、キャッシュビクトリーだ。

やはりお金は人の不安を払しょくしてくれる、すごい力がある。

なかには「人生お金じゃないでしょ!」なんて言う人もいるだろう。
ではそんなことを言う人に聞きたい、あなたが昨日食べたご飯はどうやって手に入れたのか?

人生はお金も大事、愛情も大事、そして友情も大事なのだ。

今回も「お金について」をしっかり私と一緒に学んでいこう!

お金をこれから金融会社に借りる予定の人は、自分の年収ではいくら借りられるのか気になるところだと思う。

その場合、まず問題になるのが総量規制だ。

総量規制とは年収の3分の1以上は貸付を行ってはいけないという、法律だ。

君たちのように借りたい人の規制ではなく、あくまでも金融会社を取り締まるための貸金業法だ。
この総量規制を破ってしまうと、営業停止や最悪は倒産の憂き目にあう可能性もあるので、必ず審査される項目なのだ。

たとえば、年収300万円の人であれば100万円までしか貸せない。年収200万では66万円、年収100万円では33万円までとなる。

昔は総量規制という法律はなかったので、制限なく借りることができた。
しかし、借金を苦に自殺する人や闇金融に手を出す人が後を絶たないため、近年、この法律ができたのだ。

また総量規制は対象外となるケースもある。

年収300万円の人が、住宅ローンや自動車ローンを組んでいるとする。または、銀行系カードローンでもOK。
それらは、総量規制の対象外なので、100万円の制限のままなのだ。

対象となるのは、消費者金融のキャッシングと信販会社のキャッシングになる。(ショッピングは除く)
総量規制をこえて、融資してもらうことは不可能なので、注意が必要だぞ!

では総量規制の範囲であれば、必ず借りられるのか?というとそうではない。

キャッシングの大原則は、貸す金額は金融会社が独自に決められるということだ。

つまり、いくら総量規制の範囲内でも、必ず借りられるかはわからない。
場合によっては、信用情報により審査が通らないケースも十分考えられる。

またいくら総量規制対象外の銀行カードローンでも、年収を無視して融資されるわけではないのだ。
その点から、おおよそ年収の3分の1程度であれば借入可能と思ってもいいかもしれない。

年収300万以下でも結婚は可能?結婚した人の借金率は?

 
300万借りれる
結婚に年収は関係ない。

もし君が自分の年収を気にして、結婚を踏みとどまっているなら、もう少し勇気をもとう!

逆に、年収は1000万円以上でないと結婚しない!という人と結婚しても、幸せは長続きが難しいかもしれない。

ヒーローのくせに、手厳しいことをいうが、その人はお金が大好きなだけで、結婚したいと思っている相手を見ているわけではないからだ。

貧するときも富めるときもとあるように、夫婦はあらゆる問題を解決していくなかで、愛情を育んでいくのだ。

たしかに、出産の問題や住宅の問題、生活のことを考えると、お金はとても重要なポイントになる。
実際、結婚が破棄になった原因も離婚の原因もお金という理由はよく聞く話だ。

ではお金さえあればすべてうまくいくのか?嫌、決してそんなことはないのだ!

心がふれあう関係と必要なお金があれば、幸せな家庭を築くことは必ずできる。
お金を理由に結婚を踏みとどまっている人は、ぜひ、今から求婚しても良いくらいなのだ。

ただし、一点だけ多少の懸念点がある。

それは、結婚する前に既に「借金を抱えている」という問題点だ。

この問題を抱えているに限っては、年収が高かろうと低かろうと、一度、本当に結婚しても良い相手なのか深く考える必要があると私は思う。

平成25年3月時点で、日本人一人あたり47万円のキャッシングをしているという正式なデータがある。

これは20人に一人は借金を抱えている数字になるのだ。

結婚してから、お互い合意の元にお金を借りたのであればまだ良いが、
自分の知らないところで、借金をしている場合は慎重な姿勢が求められると言って良いだろう。

年収300万以下で子供いる人の借金率は?

子どもほど、安らぎを与えてくれる存在はいないかもしれない。

思えば、出産とは女性にとっても男性にとっても、大きな転機の一つだ。

子どもから大人になるということは、子育てを経て手に入る成長なのだろう。

しかし、同時に子育ては「お金」の問題と切っては切れない。

出産費用は市町村から支給されることも多いが、後払いになっているケースがある。
やはりすぐにお金は必要であり、母子ともにお金がたくさんかかるといって良いだろう。

少し大きくなってくれれば、オムツやベビーベッド、乳母車などが必要になる。

またもっと大きくなれば、今度は学資保険や自転車などの費用がかかる。
このように、子育てにはたくさんのお金がかかると言っても過言ではない。

だからこそ、結婚する前に慎重な姿勢が、男性にも女性にも求められているのだ。

現在、20人に一人は消費者金融などからお金を借りているデータがある。
2
人以上の世帯から借金をした理由を見てみると、子ども教育が10%となっている。
全体の借金では10%くらいだが、少ない数字ではないかもしれない。

やはりそれだけ、愛すべき子どもにはお金がかかるという見方が重要なのだ。

・返済する時に無理の無い金額は大体これくらい。 

家賃の3倍のお給料があれば、暮らしていけるという言葉は現在では通用しないかもしれない。

なぜなら、この言葉自体が相当、古くなってしまっているからだ。

現在はスマホやインターネットという最新の情報機器があったり、人々の生活習慣は著しく変化している。

金融業界においても、収入の3分の1ほどの借入であれば、返済可能というのは少しどんぶり勘定と言っても良いだろう。

どれくらいの金額を返済するのがベストなのかは、人により様々だと思う。
しかし、無理があるとやはり人間は続かない、無理が続くとドロップアウトしてしまう可能性があるのだ。

そこで、これはあくまでも一例に過ぎないが、比較的、楽に支払えるシュミレーションをしたいと思う。

毎月手取り25万円の人が、キャッシングをしたとする。

そこから、家賃・消費・光熱費・通信料(スマホなど)・保険代・交際費など、必ず必要な固定費と変動費を差し引く。
そして残ったお金が返済にあてられる金額になるのだ。

つまり月収25万円だから、10万円を借りようとかではなく、
すべての出費を引いて、残ったお小遣いの中からキャッシングするというやり方が一番安全だ。

5万円しか残らないなら、おおよそ2万円くらいを返済する金額にし、
10万円残るのであれば3万円を返済する金額に設定すれば、大きな問題につながることはないはずだ。

あくまでも、お小遣いのなかから返済できる金額を利息を含めて計算する必要があるということだ。
間違っても年収からお金から判断して借りることは避ける必要性がある。

人間はついつい甘い計算で借りるケースが多いので、きっちりと支払いが済んでいる状態でシュミレーションをしよう!

【まとめ】

今回は主に年収というキーワードで、様々な問題を語らせていただいた。

少しまとめてみよう。

・いくら総量規制の対象外であっても、年収により借りられる金額はおおよそ決まっている話。
・結婚はお金ではなく愛情で決めて良いが、結婚前の相手の借金は慎重に見つめる姿勢が必要。
・子どもの教育費での借金は約10%前後で、決して少ない金額ではない。
・比較的、楽に返済できる金額はお給料からすべての出費を引いた小遣いで返済できる額。

君たちはどんな判断をしたのであろうか?

20人に一人はキャッシングを利用している日本だが、
その借金によって人の信頼を失ったり、闇金融に手を出してしまったりする人は多い。

どんあ理由であっても、キャッシングする場合は細心の注意をもってアクションして欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>