即日 キャッシング

生活費が足りないでお金を借りる人の7つのパターン 

お金が必要になるタイミングは、ピンチな状況はそう多くはない。
それよりも日常の生活から、お金が必要になるケースのほうが多い傾向にある!

キャッシングのことなら、どんなことでも聞いてくれ!キャッシュビクトリーだ。

人間のピンチとは、どんな問題があるのか?

それは生命に関わる状況であるはずだ。
治療費だったり、入院費用であったり、健康を害してしまうことがピンチでお金を必要としている問題だ。

そんな状況よりも、人は生活費からキャッシングを求める傾向にあると言っても過言ではない。
そこで今回は「生活費とキャッシング」について、お金にまつわる話をご紹介させていただこう。
  

①家賃が支払えずに借りる人

意外と多いのが月末の家賃を支払えず、お金を消費者金融から借りる人だ。
家賃は追い出されるリスク少ないので、ついつい後回しにしてしまう場合も多いのだ。

敷金を支払っているから、多少、遅れても平気だろう!と甘い考えをしてしまい、
不動産から催促を受けて、慌ててキャッシングする人もいるのだ。

長年住んでいれば、その部屋は自分の物だという解釈をしてしまい、他人の所有であることを人は忘れがちだ。

そのようなことから、家賃を支払うために消費者金融を訪れる人は少なくないのだ。

住む場所が無くなってしまったら、大変なことなので、
必ず、収入から1番に、家賃を引く癖を忘れないように心がけることが大切だ!

②急な飲み会が断れず

人づきあいが多い人は、よく飲み会に誘われることが多いはずだ。

お酒もやはり、出費が多い項目の一つだ。

居酒屋のメニューなどで、利益率が高いのはお酒になる。
つまり、支払う側になれば、それだけコストが掛る費用なのだ。

しかし、なかなかお酒好きの人は飲み会を断ることが難しいだろう。
ついつい、飲み過ぎてしまうのが美味しいお酒の特徴だといえる。

そんなこともあって、急な飲み会を断れない人や、是非、参加したいけど、
お財布事情が厳しいという人が、キャッシングを利用することもあるという。

ただし、飲み過ぎもお金の借り過ぎも生活には悪影響を与える場合が多いので、ほどほどにすることをおすすめする。

③税金を支払うために

国にお金を納めるためにキャッシングをする人は少ないのだが、
それまで生活で支払えなく、滞納してしまった税金のためにキャッシングする人もいる。

多くは、健康保険税や国民年金を滞納した結果、
差し押さえの手紙がきたことで、慌てて、消費者金融を訪れるのだ。

差し押さえは、車や預金通帳や給料を凍欠することが可能だ。
それでは困ってしまう!という状況でキャッシングをする流れになっている。

そのようなことにならないように、日頃から、税金はしっかり払おう!
国が無くなってしまえば、お金どころの騒ぎではないのだから。

④結婚式やお葬式の費用

これも外せない、大事な費用になる。

亡くなる話は大変恐縮だが、人はいつ結婚するのかはわからない。
「今月、3回も結婚式に呼ばれた」なんていう人は、友達であっても10万円近くになるはずだ。

いくらお給料が高い人でも、月10万円はかなり痛手となるはずだ。
いや、3万円でもかなり苦しいかもしれない。

そんなこともあって、お葬式の香典や結婚式のお祝いを支払うために、
キャッシングを利用する人は少なくないのだ。

普段から、香典やお祝いにお金を貯めておくわけにもいかないので、
こればっかりは突発的な状況を避けられそうもないことだ。

そこまで大きな金額になるものではないので、キャッシングをしても、
比較的スムーズに借りて、すぐ返せば問題ないといえる。

無利息であれな、なお良いであろう。さっと借りて、さっと返せば問題ないだろう。

⑤お給料の前に支払いがきてしまった。

この理由も生活費のキャッシングにおいて多い理由になる。

たとえば、光熱費!

水道やガス代は止められにくいのだが、電気代は比較的、早く止められてしまう。

1ヶ月滞納してしまい、催促通知がきてやっと慌て始める人もいるのだ。
しかし、いくら光熱費と言っても、たまってしまえばかなり高額になる。

お財布を見れば、お給料前のため、コインしか見当たらない。
光熱費の滞納を無視すれば、冷蔵庫の中身も大変な問題となるはずだ。

そのような人が、急場をしのぐためにお金を消費者金融から借りることがあるのだ。

光熱費は引き落としにするなりの工夫で滞納を防ぐことも可能なので、
ぜひ、この機会に変更手続きをすると良いだろう。

⑥子どもをきっかけにキャッシング

子どもはとても大切な存在だ。

しかし、某CMではないが、生んだからと言って親になれるわけではない。

やはり、妊娠・子育てはお金がたくさんかかる大きな問題といえるだろう。

小さいときは、国からの補助金などもあるが、決して大きな金額といえない。
オムツやすぐに着られなくなる洋服なども、小さな金額かもしれないが、常に必要なので、金額的には大きくなっていく。

また成長して大きくなれば、制服のお金や交際費の問題もあるだろう。

時にヤンチャをしてしまって、器物損害で親の責任として弁償しないといけないこともある。
また病気に突然なってしまい、入院することや治療費の問題も起こることも、、、。

このような状況のなか、子ども用にキャッシングを利用する人もいるのだ。
可愛い子どものための借金なので、ハリ合いはあると私は思う。

⑦レジャーに使うためキャッシングする場合も

生活のハリを促すといえば、レジャーや旅行になる。

1年間どこにも行かないと、愛する家族でもマンネリする感は否定できない。
そのような状況に、レジャーや旅行は新鮮な気持ちにさせてくれる効果が期待できる。

生活費でキャッシングする人のなかには、少し遊びに行きたいからという理由で、借りる人少なくないのだ。

旅行となればそれなりに大きな金額が必要となる。

少しずつ毎月貯めていって、目標額から足りない分だけ借りる人も多い。

節約方法を考えてみた

昔は節約の方法は、テレビや書籍で知るしか方法がなかった。
しかし、現在はスマホで節約方法の記事が見ることができたり無料で知ることが可能だ。

基本的に節約は家計を把握することから始まる。

毎月の収入はいくらなのか、固定費(家賃など)や変動費(光熱費など)を引いたら、
手元にいくらの金額が残るのか?という基本的な計算が重要になる。

そこから、自分がどれくらい節約したいのか?ということを考えるのだ。
現状を分析しないで、ただ「節約したい!」と言っても不可能なのだ。

節約の方法は様々な種類がある。

光熱費の節約から、利率が良い貯金の方法、国債などわりとメリットが高い方法も探せばある。

しかし、現状が分析できていないと、絵に描いた餅で終了してしまうので、まずは家計簿をつけることから初めても良いと思うぞ!

・どうしても苦しい場合は借りてもいいかも

君たちがどんなに生活を切り詰めても、お金が必要になるときが来るかもしれない。
そんなときは、無理しないでキャッシングをすることを私はおすすめする。

あまりキャッシングをすることをすすめない私である。
なぜなら、闇金融の問題に遭遇や大切な家族を失う人が多いのだ。

それはすべて、消費者金融のキャッシングから始まることがほとんどだからだ。

しかし、即にお金で苦しい立場にいる人であれば、気軽な気持ちではないので良いと判断する。

自分がなぜ今回、借りなくてはならないのか?できれば、借りないでいられた方法はなかったのか?という部分を考えて、
しっかりと金利を計算して、返済計画を立てているのであれば、ぜひ、キャッシングを利用して欲しい。

【まとめ】

生活費 足りない
今回は「生活費とキャッシング」について情報を書かせていただいた。

生活費での借入理由を見てもらえばわかるが、
本当にヒューマンミスが多いことが理解できるだろう。

つまり、普段から少し注意していたら防げたキャッシングであったのだ。

やはり、消費者金融から借り入れる場合は金利という、無条件で借金が大きくなってしまう問題を無視することはできない。

金利は寝ても覚めても刻々と重なっていくので、基本的に節約に努めて、できるだけ生活費でのキャッシングをしない方向にしよう!

なにも金融会社を儲けさせる義理はないのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>