即日 キャッシング

クレジットカード代を払えない人の9つのパターン

便利な物はくせが多いと思わないか?。
お金のことであれば、何でも相談OKのキャッシュビクトリーだ!

突然だが、君たちはクレジットカードをもっているだろうか。

ネット社会のため、インターネットで買物したりすることが当たり前になってきた。
こんなとき、クレジットカードがあれば非常に簡単に決済ができる。

わざわざ銀行に行く必要がないなど、時間にゆとりがある生活が実現できる。

しかし!クレジットカードは少し気をつけないと、問題を起こす可能性が高いと言える。

そこで今回は「クレジットカードとキャッシングの関係」について色々とお話をさせていただこう!

実はクレジットカードは思わぬことで利用停止をする場合があるのだ。
すべての支払いをカード決済にしている人であれば、大きな問題と言っても良いだろう。

お財布に現金をもたない主義でカードが使えなくなってしまったら、
一円も持っていない状態と言える。そんなとき、外出先ならどうする?いや、海外なら?

そこで以下は、クレジットカードがこんな理由で止められたという話を紹介させていただいた。
そして、そんなとき、キャッシングは役立つのか?という点もお話しよう!

①利用限度額を越えていることに気づかなかった

クレジットカードを利用していて、利用停止される一番の原因と言えるだろう。
カードは本当に便利なので、ついつい現金と違って、買物をし過ぎてしまう傾向がある。
基本的にクレジットカードは、利用限度額が決まっているのだ。
(ネットなどで照会が可能なのでいくらなのか調べてみょう!)

利用限度額とは1ヶ月使える金額ではなく、あくまで総合的な額になるので、
きちんと返済できない場合はずっと利用不可は続くので注意が必要だ。。

②延滞が理由で利用停止!

クレジットカードを所有している人は知っていると思うが、
カードの支払いは月に一度になっているはずだ。

その日に支払いができない場合は、延滞状態になる。

催促の電話連絡が来るここともあるが、連絡に出れずに支払い不可の状態だと、
支払いが確認できるまで、カードの利用はできない場合がほとんどなのだ。

早急に支払うなりしなければ、カードを再開することは不可能なのだ。

③貴金属や宝石などを購入して利用停止することも

これは少しレアケースかもしれない。

クレジットカードは換金目的でショッピングすることを原則的に禁止にしている。

この現金化には、宝石や貴金属、そしてパソコンなのどの高額商品が注意項目として該当しており、
換金の目的は一切なくても、利用を停止する場合があるのだ。

「クレジットカードの現金化」と呼ばれていて、本当に換金目的でショッピングをすると、
かなり強烈な対処があるといわれているので、気を付けよう!

④カード不正使用検知により停止!

これは海外などで、クレジットカードが使用できなくなる問題だ。
普段、あまり海外に行く機会がなく、クレジットカードが必要になる旅行の人は注意していただきたい。

実はクレジットカードは人工知能を使い、クレジットカードの利用者の分析を行っている。

君たちがカードを使った利用日や場所、購入商品という個人的なデータを集めて、人工知能は日々分析している。

基本的に日本でカードを使用している人が、突然、カードを海外で使うと、
「これは盗難にあった可能性がある!」と人工知能は判断してしまい、利用停止にされてしまうのだ。

このような問題を未然に防ぐためにも、事前にカード会社に海外に行くという話を伝えると良いだろう。

⑤磁気の異常が発生して停止した!

普段からあまり磁気を気にする人は少ないだろう。
しかし、クレジットカードは磁気にふれると異常をきたしてしまう場合がある。

深刻な対処は必要ないと思うが、これもクレジットカードが使えなくなる理由として、
多い問題でもあるので、意外と注意が必要なことと言えるだろう。

⑥カード会社と提携していない会社であった。

意外とこの提携問題で利用できないケースも多い。

お店に入るまえに、クレジットカードの〇〇は使いますか?と聞くことは少ないはずだ。
大体、支払いでレジに行ったとき、「〇〇のカードは利用できません」と言われるのだ。

最近ではどの会社でもクレジットカードが使えるお店が非常に増えた。

しかし、VISAはOKでもJCBは不可になったり、マスターはOKでもVISAはNGだったりと、
どのお店すべて統一されているわけではない。

そのような場合は急いで、銀行に行ったりしなくてはならないので、恋人と一緒であれば興醒めされてしまう危険性もあるかもしれないぞ。

⑦暗証番号や有効期限の問題

クレジットカードは必ず使用できる期限が決まっている。
その期限が切れていたら、ただのおもちゃのカードになってしまう。

廃棄する場合は磁気が読みとられないように、裁断をしよう。

また暗証番号を間違えてしまえば、これも利用ができなくなる。

何枚もクレジットカードを所有している人は、その分、暗証番号も、たくさんあるので、間違えないように管理しよう!

⑧支払い能力に問題が浮上して停止する場合も

たとえば君たちが、高額な商品を購入することや、ローンを組んでことで、
審査されて、クレジットカードが利用停止する場合もあるのだ。

クレジットカードは信販会社なので、君たちのローンの状況や信用情報は、すぐに調査ができるシステムになっている。

とても厳しい意見かもしれないが、お金を貸すのは貸して側の都合が優先されて当然なのだ。

もし高額なローンを組んだりして、今までと同じようにクレジットカードを使おうとしても、
「この人は支払い能力が危険!」と判断されて、利用を停止されてしまう事態は十分、考えられる。

もし突然、停止されては困る人は事前にカード会社に説明しても良いだろう。

⑨店員さんのミスにより使えない

これは少し、君たちには関係のない話だが、実はクレジットカードは慣れていないと扱いかたが難しいのだ。
何度カードを読み取る機械に通しても、反応しないなんていうことも無いわけではない。

すべて慣れていない店員さんが悪いのだが、現金でも宜しいでしょうか?となっては困る状況だ。
可能性はゼロではないので、いざというときの覚悟をしよう!

クレジットカードが使えない状況でキャッシング!?

クレジットカード代
ここまでクレジットカードが、不幸にも使うことができないケースを説明させていただいた。

結局、このピンチに対応できるのは、現金だけということだ。

つまり、銀行に貯金がなければどうする?ということになってしまう。

そう、そんなときは、手軽に借入ができる消費者金融などがおすすめである。
なにも借金をすすめているわけではないが、カードも使えない、銀行にお金も無し、
商品は購入済みでは、もはや、借りることしかできない状況と言えるだろう。

商品であればまだ良いかもしれないが、外食やサービスを受けて料金が発生するものであれば、
最悪の事態だと言うことができるだろう。

現在、大手消費者金融のサービスは即日OK、店舗であれば即、融資も可能になることが多い。

もちろん、安定的な収入がなければ借りることは難しいと思うが、
その点が基本的に備わっている人であれば、クレジットカードのピンチには、消費者金融での借入で防ぐことが可能になる。

また新規の人であれば、無利息キャッシングを実施している会社も非常に多い。

無料でクレジットカードの問題に対処することができるので、もしものために、今回の話を覚えてもらっても良いだろう。

できれば、自分のカードが使用できるお店なのかを事前に調べても良いと思うぞ!

【まとめ】

今回は「クレジットカードが止まってしまったピンチ」についてご紹介させていただいた。
説明させていただいたとおり、キャッシングがほとんどのケースに対応できると考えて良いだろう。

海外は難しくても、日本で起こったカードの停止問題は簡単に対処が可能だ。

クレジットカードといっても、完璧な物ではない。

近年は悪用されたり、カード情報が盗まれたりする被害も出ていて、大きな社会問題となっている部分もあるのだ。

もし、カードを常に利用している人は、もしもの事態に銀行にお金を用意しておいたり、または消費者金融を意識しておいても良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>